スタッフブログSTAFF BLOG

2019年2月5日

学級通信「サムライフ」vol,2121

This morning, I am totally saddened by the news of a 10-year-old girl Mia Kurihara’s passing. 

今朝、私は栗原心愛さんという10歳の女の子が亡くなったというニュースを聞き、悲しくて仕方ありませんでした。

She had been regularly abused by her father, says the news.  We are to build a community that reaches every child and no child should face domestic violence.  It is a must that every child should feel safe at home.  Prayers are being sent for people who are saddened by her passing.  

ニュースによれば、彼女は日常的に父親から虐待を受けていました。すべての子どもたちに目が行き届き、誰も家庭内暴力に合わない地域社会を作っていかなければなりません。子どもたちが皆、家庭で安心できるべきですし、それは必ず必要なことです。彼女の死を悲しむ人たちの祈りが送られています。

There are many who need our love and care.  Our students are being given LOVE, care and understanding abundantly by the families and school.  I am sure that our students will reach out to the people who are in need.

私たちの力や愛を必要としている人がたくさんいます。サムガクの生徒たちは、学校や家族から溢れんばかりの愛や気遣い、理解を受け取っています。生徒たちはきっと助けを必要としている人に手を差し伸べる存在になるでしょう。

Allow me to brief a bit about some of the students:

何人かの生徒について簡単に説明させてください。

Student 1:  he used to be so independent financially and mentally. His emotions were at times uncontrolled. Yet, he is now about to get ready to be a healthy independent individual in no time.  Samugaku changes lives.  

生徒1:彼はかつて経済的にも精神的にも自立していました。ただ感情が時折コントロールできなくなっていました。けれど、今では、すぐにでも健康的で自立した一人の人間になれるところまで来ています。サムガクは人生を変えるのです。

Student 2: he was indifferent in talking and in making friends.  Yet, today he came and talked to me regarding his interests and struggles. Besides, he told me that he enjoyed my English and psychology classes.  Indeed, my classes are somehow difficult for some students to ride on the flow. Students learn to open their hearts to someone else with the help of samugaku.

生徒2:彼は人と話すことも、友達を作ることにも興味がありませんでした。けれど今では、私の元に来て、自分の興味のあるもの、苦しんでいることについて話をしてくれます。さらに、私の英語や心理学の授業が楽しいと言ってくれました。正直なところ、私の授業は一部の生徒にとってはついていくのがいくぶん難しいのです。こうして生徒たちはサムガクの支援の元、他人に心を開くことが出来るようになるのです。

Student 3:  as we are hosting an event at AEON on the 11th February, I went out with some students to distribute flyers.  At first, he was so nervous to talk and hand the flyers to passerby.  In the end, he could give flyers away to anyone he sees with a wide smile.  Students are being trained practically.  Please come to our EVENT on the 11th February at AEON @2:00.

生徒3:私たちは2月の11日にイオンでイベントを開催するので、私は生徒何人かとチラシを配りに出かけました。最初、彼はチラシを手渡したり話しかけたりするのにとても緊張していました。けれど最後には、笑顔でチラシを配ることが出来ていました。そのように生徒たちは実用的に鍛えられていっています。2月11日午後2時からのイオンでの私たちのイベントに是非お越しください。

Student 4:  a student called me with sadness.  After our call, even if she is tired and has no peace in her heart, she chose to go to work.  Students are learning what priorities are in a tangible way.  I am so proud of individuals and their growth.

 生徒4:一人の生徒が悲しさのあまり電話をかけてきました。私と電話をした後、たとえまだ疲れていて心に平穏がなかったとしても、それでも彼女は仕事に行くことに決めました。何を優先すべきか、ということを生徒たちは明らかに学んでいます。私はそんな生徒たちそれぞれを、そして生徒たちの成長を誇りに思います。

Student 5: I am proud of this student 5.  He is growing rapidly.  When I met him first, he might be living with subjective views majorly.  Now he is learning to see things objectively.  Above all, he has ears to listen.

生徒5:私はこの生徒を誇りに思っています。彼はぐんぐん成長しています。初めて彼に会った時は、かなり主観的に生きているようでした。今では客観的に物事を観れるようになってきています。そして何より、聞く耳を持つようになりました。

Today there was a P.E class. Students played so hard.  Some trial students enjoyed classes and beach volleyball. One trial student said, “I could stay a whole day at school and enjoyed beach volleyball even if I have a slight headache.”  Trial students are more or less so shy and it is hard for them to join a whole day program. Yet, he did it.  In and with Samugaku, impossible becomes possible for many young people.

今日は体育の授業があり、生徒みんな一生懸命取り組んでいました。何人かの体験生もビーチボールバレーを楽しんでいました。体験生の一人が「丸一日学校にいることが出来て、少し頭痛があったけれどビーチボールバレーも楽しかった」と言っていました。体験生たちは多かれ少なかれ人見知りで、丸一日プログラムに参加することは難しいことです。けれど、彼はそれをやり遂げました。サムガクではたくさんの若者にとって、不可能が可能になる場所なのです。

Our director composes a special song for every graduation.  In his midst of hectic schedule, he is composing a song with the collected words of the students.  He makes everything with all his might and his being.  His passion for young people especially who are in need is unquenchable. 

理事長は毎年卒業式の為に、曲を作ります。多忙な日々の中、生徒たちから集めた言葉で曲を作ってくれます。理事長はすべてのことを全力で取り組みます。理事長の若者に対する、特に助けを必要とする若者への情熱は涸れることがありません。

Many students learn to express their feelings and open their hearts with and in Samugaku literally.  We staff are fully booked by the appointments of the students.  We staff are growing in love and care for the students accordingly.

サムガクでの日々で、たくさんの生徒が自分の感情を表現し、心を開くことだ出来るようになっていきます。私たちスタッフも生徒からの面談の予約でいっぱいです。スタッフも同じように生徒への愛の中で一緒に成長しています。

I had a great day today. I am so determined to start a community which gives constant care.

今日は素晴らしい1日でした。私は継続的な支援をする共同体を作ろうと決心しました。

感謝しつつ、

茶々

ページトップ