スタッフブログSTAFF BLOG

2020年2月18日

学級通信「サムライフ」vol,2296

今 別れの時〜

飛び立とう未来信じて〜

はい。

この歌をうたう季節になりましたね!

今朝から卒業式に向けて、歌の練習がスタートしました。

もうそんな時期なんですね〜。カウントダウンは始まっています。

 

午前は齋藤授業。

午前のスタッフ授業も今年度ラストになっていきますね。

昨日に引き続き、齋藤さんの経験から生徒たちへ伝えたい事。

ストレスゼロにするためのやめるのすゝめ。

他人と自分を比べるのではなく、自分は自分。

相手に何かを求めない。

自分の幸せは自分で決める。

 

午後は、こちらも今年度ラストのサポセミ。

今回は、「映画の街上田」ということで、観光協会と信州上田フィルムコミッションからお二人をお迎えして

お話をお聞きしました。

私たちの住む上田市は様々な映画やドラマのロケ地になることが多いです。

なぜ上田市はロケ地になるかご存知ですか?

上田市は晴天率が高く、ロケのスケジュールを組みやすい。

東京から比較的近い。

古き良き趣のある街並みや風景もありつつ、便利さもある。

そして何より、上田市住民が撮影に協力的である。

からだそうです!

そして、みなさんご存知サムライフはオール上田ロケ。

この教室も実はロケ地なんですねぇ。

サムライフは地元の映画ということもあり、上田で上映した際はなんと約7,000人の方々が見たんだそうで!

 

ロケ地のお話の後は、フィルムコミッションの役割を教えていただきました!

映画やドラマなどで使いたい場所等をわざわざ監督やスタッフが足を運んで探すのは時間も労力もかかります。

しかし、この役割を全国のフィルムコミッションがになっています。

撮影場所の斡旋から、交渉、地域とのやりとりなど。

地域に基づいているからこその役割があるんですね。

貴重なお話をお聞きできました。ありがとうございました!

このメンバーで授業を受けるのはもう残りわずか。

この中には休学する生徒もいるかもしれません。新しく入ってくる生徒もいるかもしれません。

今この時を大切に過ごしていきたいですね。

ページトップ