コンテンツへスキップ

学級通信「サムライフ」vol,3075

Since this year marks Samugaku’s 20th anniversary, we find ourselves reflecting on both the future and the past. 

今年はサムガクの20周年を迎えることもあり、私たちは未来と過去の両方を振り返っています。

Our director, Hidetaka Nagaoka, has been a prolific contributor to the Shinshu Minpo over the years, penning numerous articles from Samugaku’s inception to the present day. 

これまで、私たちのディレクターである長岡秀貴は、サムガクの創設以来、現在に至るまで多くの記事を執筆し、信州民報に多数寄稿してきました。

These writings, spanning two decades, cover a vast array of topics, from broad, sweeping overviews to detailed analyses, addressing contemporary issues of their times as well as speculating on the future based on the realities of those moments.

これらの執筆活動は20年にわたり、広範なテーマを網羅し、時代の現実に基づいた未来の推測から、その時々の現代問題に対する詳細な分析に至るまで、様々な内容が含まれています。

Nagaoka’s articles serve as a rich time capsule, offering insights into Samugaku’s journey, its evolving focus, and the challenges it faced. By revisiting these past reflections, we gain a deeper understanding of our history, which in turn informs our vision for the future.

長岡の記事は、サムガクの旅路、変わりゆく焦点、直面した課題についての洞察を提供する豊かなタイムカプセルとして機能しています。過去の反省を再訪することで、私たちは歴史への深い理解を得ることができ、それが未来へのビジョンに役立つのです。

To commemorate this milestone, we are in the process of compiling these articles into a series of books, available in both physical and digital formats. 

この節目を記念して、これらの記事をまとめた書籍シリーズを物理およびデジタルの両形式で出版する準備を進めています。

This collection will not only archive the history of Samugaku but also encapsulate Nagaoka’s evolving philosophy and thoughts over the years. We hope that these volumes will serve as a comprehensive record of our past and a source of inspiration for the future.

このコレクションは、サムガクの歴史をアーカイブするだけでなく、長岡の進化する哲学と思考をも封じ込めています。これらの巻が、私たちの過去の包括的な記録となり、未来へのインスピレーションの源となることを願っています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です