スタッフブログSTAFF BLOG

2018年11月29日

学級通信「サムライフ」vol,2086

Dear All,

To trust and to open up to someone other than family members must require great courage for students.  In general, students are indifferent in other’s affairs, it is unfathomable for their personal life to be discussed/meddled.  Yet, students learn to trust gradually in a tangible way.  I am dazzled and, at times, galvanized by their being honest.

生徒たちにとって、家族以外の人を信頼し心を開くには大きな勇気が要ります。大まかに言えば、他人の問題に興味がない生徒が多く、個人の生活は話題にするには難しいものです。けれど、生徒たちは徐々に、けれど明らかに他人を信頼出来るようになっています。そんな生徒たちの素直な振る舞いに私は驚き、時には刺激を受けています。

The struggles and pains and unsettled feelings within themselves are being recuperated by sharing to staff in counselling sessions.  Sooner or later, students find themselves by being students of Samugaku.  Besides, students learn to amend their short-comings by listening to the advice and options that staff or school have provided them.

生徒たちが抱える苦しみや痛み、不安定な感情は、面談でスタッフと共有することで癒されます。そして遅かれ早かれ、生徒たちはサムガクの生徒だということに気づきます。その上、スタッフや学園からもらったアドバイスや選択肢に耳を傾けることで生徒たちはそれぞれの短所を修正するようになります。

We staff are to improve our ways of approaches to the students in order them to being real to us. Being so pure and being so complicated seem incompatible in one person.  Yet, those two utterly different identities can dwell in a person.  Accepting oneself is challenging consequently.  Yet, students are learning to understand who they are and to accept them accordingly in the school.

私たちスタッフは、生徒たちが本当の姿を見せてくれるよう、生徒へのアプローチの方法を上達させなければなりません。純粋さと複雑さは一人の人間に中に同居しないとように思えますが、全然違う二つの人格が一人の人間の中に共存することはあり得ることです。結果的に、自分を受け入れることはとても大変なことです。けれど生徒たちは自分がなにものなのかを理解し、それに応じて自分を受け入れられるようになっています。

Afternoon, there were two group tasks: separating the beans and changing winter tires.  Students shared, without any barriers, their work schedule and experiences between two naturally while separating beans.  I listened to the talks/conversations made between two or three students.  How to have better perspectives on things happen at work was interesting.  Students shared their experiences and are accustomed to gaining information and be prepared for both good and bad situation at workplaces.

午後、二つのグループに分かれ、豆の仕分けと、タイヤ交換をしました。豆の仕分け中に、生徒たちは何の気兼ねもなく自然に仕事のスケジュールや経験を話し合っていました。私は二、三人の生徒の会話を聞いていました。仕事中に起こった出来事についてどうやってもっと良い考え方が出来るか、という話題は面白いものでした。生徒たちはそれぞれの経験を共有し、情報を手に入れることに慣れ、仕事場での良い体験、悪い体験両方に対する心構えをするのです。

One student was sharing her current part-time job and its people are super kind and she is given much freedom compared to her previous working place.  She shared further that her attitude towards work is changing.  She learns to take notes and is willing to ask things she cannot understand quite well.

一人の生徒が今のアルバイトについて話していて、前の職場に比べてみんながとても優しくて、かなり自由をもらえていると言っていました。さらにその生徒は、仕事に対する自分の取り組み方も変わってきていると話していました。彼女はメモを取り、よくわからないことは進んで聞くことが出来るようになっています。

And some other students are sharing their interests and preferences on music and books on the internet.  Students were naturally making conversations and contacts and getting to know each other to a degree.

また他の生徒たちはインターネット上の好きな音楽や本について話していました。お互いをある程度知るための会話を自然に作っていました。

It is a miracle indeed to see conversations flow and communications unstop among the reserved students who find hard to trust or open up to someone else.  Students are learning how to open their hearts/ how not to shut their hearts and finding TOMORROWS together.  A brighter tomorrow is waiting for all students.

信頼したり心を開くのが苦手だと思われている生徒が自然な流れで止まらずに会話をしているのは本当に奇跡的なことです。生徒たちは心の開き方、どうやって心を閉ざさないようにするかを学び、明日を一緒に探しているのです。より良い明日が生徒たち全員を待っているのです。

How to change tires/winter tires has been thoroughly demonstrated in the morning class.  Students were taking turns to either loosen or tighten the screws and to pump the tires.  Students are being given informative knowledge and privilege in samugaku.

タイヤ交換の方法は午前中に丁寧に手本を見せてもらいました。生徒たちは交代しながらタイヤを締めたり緩めたり、空気を入れたりしました。こういった有益なことを学べるのはサムガクの特権ともいえます。

Voices of students:

1. Talking a walk in the morning truly refreshes me to start a day.
2. Lacklustre is me this morning. Some morning seems hard for me to make myself motivated.
3. Coming to school today excites me because I am making friends here in the school.
4. Students start working on the booklet which will be crammed with all the finest memories of a whole year for graduating students as of today.
5. I experience caring and how to have a distance from the two individuals.

 

生徒の声

1 朝散歩するとスッキリして一日を始めることが出来ます。

2 今朝はだるくてしんどかったです。時々朝は元気を出すのが難しいです。

3 学園で友達が出来てきているので、登校するのが楽しみです。

4 今日から卒業生のための一年の良い思い出を詰め込んだアルバムを作り始めました。

5 面倒を見ることと、ある二人からの距離をとることを学んでいます。

Above all, I am again being taught that we are NOT alone.  We are heading towards a brighter tomorrow with prepared hearts, shared both sadness and happiness and founded trust.  I am humbled and learn to be grateful to the work which helps the students who are so much loved by their parents and families and relatives.

結局、 私たちは一人じゃないということを再び教えられています。私たちは輝かしい明日に向かって心の準備をし、お互いの悲しみや喜び、築いてきた信頼を共有するのです。親や家族、親族からとても愛されている生徒たちを助ける仕事に対して私は感謝するようになりました。

Happiness burgeons and is burgeoning starting from samugaku to Ueda city, to Nagao Prefecture, to Japan and to over the world.

幸せはサムガクから上田市へ、長野県へ、日本へ、そして世界へと広がっていくのです。

感謝です。

茶々

ページトップ