スタッフブログSTAFF BLOG

2018年12月19日

学級通信「サムライフ」vol,2098

Good morning from Samugaku,

サムガクからこんにちは。

We have a good time and a bad time.   As the temperature is getting cooler, our emotions are somehow affected.  Some students are having a hard time to cope with their emotions. From the morning, we, staff, are trying to find better approaches to meet the students’ needs and to help them accordingly.  We put our heads and hearts together in order to find how to be and work with the students according to their needs.

毎日の中には良いときと悪いときがあります。 気温が下がってきて、私の気持ちもなんとなく影響されています。 自分の感情を上手く扱えず苦しんでいる生徒もいます。 私たちスタッフは朝から生徒たちの求めるものにより適したアプローチを探し、生徒一人一人に応じた支援をしようとしています。心と頭を一つにして、生徒の求めに応じる働き方や一緒にいる方法を探しています。

Some students grow in tangible ways and are back to society and on the way to society.  Their parents can, to some degrees, find rest in the growth of their children.  All the parents deserve all the happiness and thanks.

生徒の中には、目に見えるぐらい成長して、社会復帰をしていたり、社会へ道を辿っているものもいます。親は子供の成長の中で、いくらかは安心出来るようになります。親は皆幸福と感謝に値する存在なのです。

Yet, for some students, it is so hard to find the path to grow and make changes.  However, I want every student and their parents know that no student is struggling alone and running their race alone to become independent individuals.  We, staff, struggle with them and run the race with them.  At least, all the students got friends or mentors here in Samugaku.  Each student will have their time to shine and grow.

けれど、生徒の中には成長し、変わるための方法を見つけるに苦労しているものもいます。けれど、全ての生徒と保護者に知ってもらいたいことは、自立した人間になるというレースを一人で苦しみ走っている生徒はいない、ということです。 サムガクではどの生徒も少なくとも友人や相談者を手に入れているのです。生徒は皆、輝き成長するタイミングを持っているのです。

We will not give up on any students.  This 2018 Xmas season, may all the parents have happiness and rest and be loved and be thanked!

私たちは生徒のことでは決して諦めません。 この2018年のクリスマスシーズンに全ての保護者の方々が幸せで安らかで、愛され、感謝されますように!

Some of us are kind. At times , we lose footing as kindness goes to the extreme.  We are learning how to utilize the kindness we have with a proper amount.  At times, we ponder over things from the negative perspective.  A tiny and solvable problem becomes giant and our hearts sink and brains malfunction.  Yet, no one is alone in samugaku.  There is always someone for everyone especially the one who is in need.  All we have in samugaku is A HEART for students and their families.

優しい人もいます。しかし時折、優しさも度を越せば人間関係や自分の立場を失ってしまいます。 持っている優しさを適切な量で使う方法を私たちは学んでいます。 私たちは時々ネガティブな見方で物事を考えてしまいます。小さくて解決出来る問題も大きく膨れ上がり、心は沈み、頭は上手く動かなくなります。 しかし、サムガクではひとりぼっちな人はいません。誰かそばにいてほしいと思う時には必ず誰かがいます。 私たちがサムガクで持っているものはただ生徒やその家族への愛なのです。

The class by the title, ‘Create’ makes a better LIFE, is being taught by our director Nagaoka for three days.  Today is a second day.    Students got into a group of five or six and made their own company.  Students got their heads together for their own and unique products.  Creativity nurtures individuals and their talents. Tomorrow each group will do a minute commercial before the class.

この三日間長岡理事長のよって教えられた授業の名前は「Create(創造)」です。今日は二日目でした。 生徒たちは5人から6人のグループを作り、それぞれの会社を作りました。生徒たちは頭を付き合わせて考え、それぞれ独特な商品を考えました。 創造性は個々の才能を育てます。明日はそれぞれのグループがみんなの前で発表してそれぞれの会社を宣伝します。

Nagaoka sensei himself is an innovator of many new found ideas and plans for school and its activities. He founded the school and its related companies in order to run the schools for Hikikomori and dropouts.  His creativity and boldness have made a great impact on the lives of students and of staff.  His passion has touched many lives.  His heart is huge and willing to reach out the families who are in need. He is constantly giving HOPE to many. Students are so blessed to have met and learnt from a great human like Nagaoka sensei.

長岡先生自身、学園やその活動に関する色んな新しいアイデアや計画を生み出してきました。 長岡先生は学園を創設し、引きこもりやドロップアウトの為のこの学園を運営する為に関連企業も創設しました。彼の創造性や大胆さは生徒やスタッフたちの人生に巨大なインパクトを与えています。 彼の情熱は多くの人生を変え、その大きな心を持って助けを求める家族に手を差し伸べようとしています。彼は「希望」を多くの人に与え続けているのです。 長岡先生のような偉大な人に出会い、学べることは生徒にとってとても恵まれていることです。

In the afternoon, there was a YOGA class.  YOGA class is truly challenging.  It works on the muscles I have never used before.  I heard some students screeched while we did YOGA.  However, YOGA class have stretched our bodies literally.  We were so pumped up physically and emotionally in a way.

午後はヨガの授業でした。ヨガの授業は本当に大変です。今まで使ってこなかった筋肉を使います。何人かの生徒がヨガをしている時に悲鳴を上げているのが聞こえました。けれど、ヨガの授業は文字通り私の体を伸ばしてくれました。こうして私たちは身体的にも精神的にも元気になりました。

One says, “even if YOGA is challenging, I feel like I want to do it again in my free time.”

「ヨガは大変でも、また暇な時にやりたいなと思う」とある生徒は言っていました。

Above all, today is a colourful day as some students enjoy and some got quite tired.  Some got motivated and some got quite frustrated.  Our staff are ready to deal with any sorts of problems and accept every student.

こんな感じで、今日はカラフルな1日でした、というのも、楽しんでいる生徒もいれば、疲労困憊の生徒もいて、元気をもらった生徒もいれば、フラストレーションが溜まった生徒もいて、その表情は様々なだったからです。 私たちスタッフがどんな種類の問題にも対処し、どんな生徒も受け入れる準備ができています。

All that matter is to start one step with love to reach out students and help them find their abilities and vitality.

大事をなのは、生徒に手を差し伸べるために、それぞれの能力や元気を見つけるために、一つのステップを愛を持って行うことなのです。

Wish you Merry Xmas and Happy New Year, 2019.

茶々より

 

ページトップ