スタッフブログSTAFF BLOG

2019年6月7日

学級通信「サムライフ」vol,2169

Hello from Samugaku!  サムガクからこんにちは!

A raining day is today.  We do have a fruitful day.  From the morning, students have actively participated in all the school programs such as cutting stems of the whole garlic, doing exercises, reading and whatnots.  In the afternoon, we were at Horiuchi’s farm in order to make miso.  By using mixer and grinder, all the ingredients of fermented rice, boiled beans, sugar and salt were being mixed and beaten.  Students enjoyed all the process of making miso.  The beaten and shaped miso will be kept for a six-month time.  Then it will be ready.  Miso soup is prepared almost every morning at Japanese home.  Today, students got to learn the process of miso.  Students learn how to be grateful to people and things around them through the program of students.

今日は雨ですね。けれど本当に充実した一日でした。生徒たちは朝からニンニクの茎を切ったり、運動したり、読書したりと、学校のプログラムに積極的に参加していました。そして午後は味噌を作りに堀内農園さんにお邪魔しました。ミキサーなどを使って発酵したお米や茹でた豆、砂糖、塩といった材料を混ぜてつぶしました。生徒たちは味噌作りを楽しんでいました。作った味噌は六ヶ月間そのまま置いておきます。そしてようやく完成になります。日本の家庭では味噌汁がほぼ毎日作られます。今日、生徒たちはその味噌の作り方を学びました。こういったプログラムを通して、生徒たちは普段自分の周りにいる人や物事に感謝するようになるのです。

Needless to say that students are reconciling within themselves, with the family and with their past.  Students find themselves.  They learn to trust themselves and others.  They learn to sleep, get up and eat in a routine.  They learn to make contacts and to communicate people who are not of their family.  With samugaku and great care, students are reentering society.

もちろん生徒たちは自分の中で、もしくは家族やそれぞれの過去と折り合いをつけていきます。そうして自分自身を見つけるのです。そしてさらに自分自身と他人を信頼するようになります。また規則正しく睡眠をとり、起床し、食事をとるようになります。他にも家族以外の人と連絡を取り、コミニュケーションをとれるようになります。サムガクで過ごし、たくさんのケアを受けながら、生徒たちは社会復帰しています。

Here are brief chats I have with students: 私と生徒とのちょっとした会話をここに書いていきます。

Student 1: I thought I wasn’t good at communicating or greeting.  I didn’t want to do the jobs which directly require making contacts with customers.  Yet, I got to know that a working environment enables me to do things which I thought I couldn’t do at all with a work trial program of Samugaku.

生徒1:私は人と喋ったり挨拶したりするのが得意じゃないと思っていました。お客さんと直接会話するような仕事はしたくありませんでした。でも、サムガクの就労体験プログラムを経験することで、全然無理だと思っていたようなことも職場でできるようになっています。

Student 2:  I couldn’t continue with my job and finally got to quit the job.  I found my uneasy feelings and short-comings in me.  Yet, samugaku is meeting the struggles and the unsettled feeling I have.  I am making changes in me in samugaku.

生徒2:私は仕事を続けられず、結局辞めてしまいました。不安な気持ちでいっぱいになって自分の欠点ばかり目についてしまっていました。でもサムガクという場所は自分の抱えているしんどさや不安定な感情と出会う場所です。そんなサムガクで私は自分を変えていくのです。

Student 3: I used to take pills and pills had made him a person who needed more sleeping hours and lacked motivation.  With the help of staff and samugaku, I could be away from pills.  And I could challenge a short-term work.  This working experience helped me gain confidence. Besides I heard that the president of the company I had a short-term work is still complimenting my ability to work in a team.

生徒3:私は前まで薬を服用していて、そのせいで寝不足で無気力になってしまっていました。けれどサムガクとスタッフさんの助けのおかげで、薬をやめることができました。そして短期のバイトにも挑戦することができました。この仕事の経験で自信がついたのです。しかもその仕事先の会社の社長が私の周囲と協力した働きぶりを今でも褒めてくださっています。

Student 4: As I am a new student, I am nervous most of the times and still have anxiety.  I used to listen to music whenever I had anxiety and was feeling nervous.  With and at samugaku, I am learning to talk my struggles with samugaku staff.  Awesome is that I can make changes.

生徒4:私は入学したばかりなので、いつも緊張していてまだ不安でいっぱいです。今まではそういった不安や緊張を感じるといつも音楽を聴いていました。けれどサムガクに来てからは、自分の苦しさをサムガクのスタッフさんに打ち明けることができるようになっています。自分を変えられるなんて本当にびっくりです。

Student 5:  I am a new student and used to stay home before.  As I am coming to school, my regular routine has been set and hope increases in me that I may be able to work in the near future.

生徒5:私は新入生で、今までは家にいました。サムガクに来ることで、生活リズムが一定になって近い将来働くことが出来るんじゃないかという希望が見えてきました。

Student 6: I couldn’t get or get to do what I wanted last week.  I was totally down and got lost at some points.  Yet, my family and samugaku listened to and talked with me constantly.  My mother and samugaku have been helping me to stay whole and move forward and can maintain instead of feeling ended up to the extreme.

生徒6:先週は自分のしたいことが出来ませんでした。だからすっかり落ち込んでしまって、時々自分を見失うこともありました。けれど家族とサムガクは変わらず私の話を聞いてくれ、また私に話しかけてくれました。母とサムガクは私が踏みとどまって前に進めるようずっと支えてくれていて、感情が爆発しないようにしてくれます。

Student 7:  At school, I met friends who I could share with my worldview as some of my worldview are quite strange in a sense.  I found friends whom I could talk freely here in samugaku.  I used to live in assumption/ imagination and mixed feelings of anything I encountered.  Now, I can face the reality and move on one step at the time by samugaku and am able to keep working my current part time job.

生徒7:サムガクで私のかなり偏った考え方を共有できる友達、気兼ねなくお喋りできる友達に出会いました。私は以前、偏見や妄想の中に生きていましたし、自分が出会ったものへの複雑な感情を抱いてきました。けれど今では、サムガクのおかげで現実に向き合い、一歩ずつ前に踏み出すことができています。そして今もバイトを続けられています。

Student 8: I used to feel no motivation to get on the program and no desire to make friends.  With and at samugaku, I am being challenged and changed by the activities and achievements I could make:  walking a long distance and working a short-term work.  Now I am so determined to work a regular part time position and to become an adult- like who enjoys life and understand others.

生徒8:私は前まではプログラムに参加しようという気力も湧かず、友達を作ろうとも思っていませんでした。でもサムガクに来て、遠足や短期の仕事など色んな活動に参加しそれを成し遂げることができて、壁を乗り越え自分を変えることが出来ました。今では長期のバイトをして、人生を楽しみ他人を理解できるような大人になろうと決心しています。

Thank you for reading and your time.  I enjoy spending time with students and being a part of their lives.

貴重な時間を割いて読んでいただき、ありがとうございました。私は生徒と同じ時間を過ごし、彼らの生活の一部に慣れていることを嬉しく思います。

感謝です。

茶々

ページトップ