スタッフブログSTAFF BLOG

2018年5月15日

学級通信「サムライフ」vol,1985

まだ5月なのにこの暑さ。

 

教室は2階ですので、暑さもひとしお。

 

早くも冷房に頼りたい。人工的な涼しさ大歓迎の栗原です。

 

学級通信サムライフも1985号です。2000号目前ですね。1000号が発行された時はまだブログでなく、紙媒体だっんですよ。それも、生徒と親御さん向けの通信で、昼休みにせっせと作って、掃除時間中にコピー機動かしてました。懐かしいなぁ~~。

 

 

ということで、今日のサムガク。

 

午前中は昨日に引き続き栗原授業。

せっかくサムガクという集団に所属しているのだから、たくさんの関わり合いを持って欲しい。

けれど、僕をはじめとして人見知りが多い!

最初の関わり合いのきっかけ作りの授業です。例えば共通の趣味なんか持ってたりすると話しやすい。話しかけるハードルが下がりますよね。

そんなきっかけにするために、この集団にいる人たちのことを少し知ってみよう!っていう感じで展開しています。

今日も引き続き「栗原」おまえは誰やねん!ということで栗原の歴史を話しまくりました。

面談で個別で話すことはあっても、授業で話すのは初めてです。

 

今日で栗原の話しはおしまい。

明日からは生徒のお話になります。

 

 

そして午後は職業人講話。

大阪生まれ大阪育ち。40年間高校教師をしておられました古林孝雄さんの授業でした。

昭和28年生まれ。戦後間もない混沌とした時代に生まれ、過酷な環境にもかかわらず人に支えられたくましく生き抜き、私立高校に入職されました。

少年期、青年期の様々なお話や、高校教師時代の様々なお話。そして今現在のお話など、熱く語って頂きました。

そのなかで何より力になったのは「人間関係」だとお話し頂き、いっぱいもがいて、失敗をたくさんしても、「あきらめない」ことの大切さを伝えて頂きました。

あらためて、人間関係の大切さ、あきらめないことの大切さを、学ばせて頂きました。

ということで、暑い一日。

明日はもっと暑いらしいですね。水分補給をこまめにしましょう。

 

 

 

ページトップ