スタッフブログSTAFF BLOG

2018年6月7日

学級通信「サムライフ」vol,1999

Hello from Samugaku!

Today is a hot day.  Chaa is blogging today.  Everyday is challenging not just for students, but for me too.   It is at times hard for me to wear smiles and rooms in my heart.  Yet, today students are full of smiles and involving all the activities.  Especially today, students come and talk to me that “I want to change my life,” “I want to improve myself,” “I struggle how to talk things honestly,” etc.  I am truly encouraged by the words that students spoke to me dearly.

今日は暑かったですね。茶々がブログを書いています。生徒たちだけでなく私にとっても毎日が挑戦の日々です。微笑みを絶やさず気持ちに余裕を持ち続けること、それは私にとって時にはむずかしいことです。けれども、今日生徒たちは笑顔に満ち、学園活動すべてに参加していました。特に今日は生徒たちは私のところに来て話してくれました。「自分の人生を変えたいです。」「自分自身をより良くしたいです。」「私はどうやって正直に物事を話したらいいか悩んでいます。」など。私は生徒たちが私に心から話してくれたこれらの言葉に芯から励まされました。

Besides I received some texts that they were taught by my class.  Students and their involvement are quite needed for staffs and encouraging.  Again, I am proud to see the students learn things through us and our beings.

さらに、私の授業で教えられましたというメールももらいました。生徒とその言葉や行動はスタッフにとってはとても必要で励みとなるのです。いつも言いますが、私は生徒たちが私たちの存在を通して学んでいることを知り誇りに思っています。

June 5, June 7 and June 8 are of open school and I am teaching 12 rules of Jordan B. Peterson on these three days.  More than my expectation, students are into the lecture and have so much to share and raise questions.  Regardless of nations and citizens, #jordanpeterson could connect and reach the crowd of people here in Japan.

6月5,7,8日はオープンスクールをやっています。そして私はその3日間、ジョーダン・B・ピーターソンの12の法則を教えています。私の予想を超えて、生徒たちは授業に興味を持ち、非常に共有し、質問をしました。国家や国民の如何に関わらず、”ジョーダンピーターソン”はここ日本でも民衆につながり、届くのです。

Today I taught Rules 6 to 10 which are as followed:

今日は法則6から10までを教えました。それは次の通りです。

6 Set your house in order before you criticise the world

ルール6 世界やシステムにケチをつける前に自らの行いを律しなさい

7 Pursue what is meaningful, not what is expedient

ルール7 その場だけの利益ではなく、意義深い理想を追い求めること

8 Tell the truth. Or at least don’t lie

ルール8 真実を話す。少なくともウソはつかない

9 Assume the person you are listening to knows something you don’t

ルール9 いま話している相手はあなたが知らないことを知っているかもしれないという前提で接しなさい

10 Be precise in your speech

ルール10 発言には正確を期すこと

Student A:  I don’t know how to trust people.  It is hard for me to trust others.

生徒A:私はどうやって人を信じたらいいのかわかりません。人を信じることは私にとっては難しいです。

It’s so true.  It is not easy at all to trust someone else.  However if we look at ourselves objectively, we sit next to someone and work in a team at samugaku.  It means we learn to trust naturally.

これはまさしく真実です。誰にとっても他の人を信じることは簡単なことではありません。しかしもし自分を客観的に見れば、サムガクで誰かの横に座りチームとして活動できます。

それは自然に信じることを学んでいるということなのです。

Student B and C.  “Rule 9: Assume the person you are listening to knows something you don’t” helps them.  By knowing this rule 9,  they can have the attitude of humbleness towards the other person.  Then they might can build a good relationship.

生徒BとC:「法則9、今話している相手はあなたが知らないことを知っているかもしれないという前提で接しなさい。」がこの二人を助けます。この法則9を知ることで他の人たちに対するへりくだった態度を持つことができるようになります。そして彼らは良い関係を築けるでしょう。

Student D: “Rule 10: Be precise in your speech” is a good reminder to him to think before he speaks and make time to prepare.

生徒D:「法則10:発言には正確を期すこと」は、彼が話す前に考え、準備する時間を作る必要があるということを思い起こさせるために良い合図になります。

Students are learning each day.  Each day learning will make the students healthy independent adults.

生徒たちは毎日学んでいます。毎日の学びは生徒たちを健康で自立した大人にしていくでしょう。

As a staff, I am learning how to talk with students with love and respect and guide them objectively when they need.  At times, it is not an easy task for me to be with students from various background.  However, I am able to do my part at my school because parents trust us and are open to us.

スタッフとして私は、愛と尊敬を持って生徒たちと話すことそして彼らが必要としている時に客観的に彼らを導くことを学んでいます。時には様々な背景を持った生徒たちといることは私にとって易しい仕事ではありません。しかし、生徒たちの親御さんが私たちを信じ心を開いていてくださるので私は学園で私の役割を担うことができるのです。

今日も、感謝いっぱいです。

茶々より

ページトップ