スタッフブログSTAFF BLOG

2018年8月8日

号外「子どもサムライフ2018夏」

今年の夏も暑かったな。

 

もう夏は終わっちまったのかい?

 

そうさ、あいつらが帰っちまえば夏は終わったも同然さ。

 

 

 

ということで、子どもサムライフ2018夏、大盛況のうちに終了しました。

 

今年は8月3~5日の2泊3日。

 

なななんと18名の小さき侍たちが集いました。

 

 

本当に内容の濃いサムライフでした。ブログではざっくりと写真で内容をご紹介します。

 

 

まず1日目。

 

開会式からスタート。

 

出張のため開会式のみの出席となった理事長。

 

集合写真も撮りました。

 

 

まずはアイスブレイク的なレクリエーション。

 

3日間行動を共にする班を発表して、自分の目標や班の目標を考えます。

そして昼食は流しそうめん。

 

みんな大喜びで沢山食べました。

 

 

そして午後は工作の時間が続きます。

段ボールで秘密基地作り。

 

スイカバーでクールダウン。

丸くなったスイカバーに子どもたちも大喜び。

 

 

そしてパタパタ飛行機作りと、ペットボトルロケット作り。

 

ちょっと難しい工程も年長者が手伝いながら作業しました。

そしてペットボトルロケットを飛ばします!

ペットボトルロケット、めっちゃ飛びます!!

 

そして夜は恒例のドラム缶風呂。

一日はあっという間です。

 

 

2日目は農村体験からスタート。

 

卵拾い。

動物と触れ合ったり。

アスレチックで遊んだり。

山で遊んだり。

とても良い体験でした。

 

そしてサムガク寮ミライフに戻りピザ作り。

思い思いのピザが出来上がりました。

 

 

そして夕方は水風船大戦。

的をめがけて水風船を投げたり、守ったり。

 

夜になったらキャンプファイヤー&花火。

2日目もあっという間におしまいです。

 

 

3日目はお昼まで。

 

校長授業。

 

校長授業では谷川俊太郎氏の「生きる」を題材に「いのち」について考えました。

 

困っている人に「どうしたの?」って声をかけること。

自分が困ったら「助けて。」って声をあげること。

 

そしていのちの危険を感じたら逃げること。

 

みんな良い表情で学びました。

 

そして振り返りの時間。

3日間、目標を頑張れたかな?

 

そして閉会式。

とっても楽しくてとっても暑い3日間でした。

 

《番外編:休み時間は全力で遊ぶ時間=休めてないじゃん》

 

また来年。ここで待ってます。

ページトップ