スタッフブログSTAFF BLOG

2018年10月5日

号外:学級通信「サムライフ」第15回今人祭 特別号

2018年9月30日 第15回 侍学園今人祭

お越しいただきましたすべての皆様。

ご協力いただきました関係者の皆様。

日頃よりご支援してくださっている支援者の皆様。

すべての皆様に感謝申し上げます。

皆様のおかげで無事に第15回今人祭を開催することができました。

本当にありがとうございました。

 

学園祭から数日経ってしまいましたが、当日の様子を振り返っていきたいと思います。

今回の学園祭が4回目の参加だったヒグチが今年の今人祭特別号をお届けします。

 

台風24号が接近し、1週間前から天気予報は雨。

前日の時点での降水確率は90%。

開催すら危ぶまれた今年の学園祭。

お借りしているテントが飛ばされたら?

大雨で来てくださったお客様が待機する場所はどうする?

外ブースはどこでやろうか?

ぎりぎりまで悩みました。

しかし、今年度に入ってから、上田校・東京校・沖縄校の各校がそれぞれの学校で準備してきました。

土曜日には各校の生徒・スタッフが上田入り。

やるっきゃないでしょ!

せっかく準備してきたのだもの。

当日。

何とか雨は持ちこたえ、曇り空ではありましたが、時折太陽の光も差し込むお天気に。

さすが、サムガクです。

まずは毎年恒例、アーチ前で記念撮影。

闘魂こもってます。

そして開祭式。オープニングセレモニー。

今回、オープニングでは生徒が作成した学園祭総集編動画の上映。

そして、オープニング曲は6月の15周年チャリティーコンサートでメインを務めた松山三四六さんの

クマンバチ。

力強いメッセージソングを力いっぱい歌いあげました。

今年のメインゲストは 劇団ACT MAFIA.TOKYO BOWZ様

素敵な公演が今人ホールで繰り広げられていました!!

さあさあ。生徒のみんなは各所でお客様を迎えます!

上田校、東京校、沖縄校合同で玄関係!

今年の生徒模擬は「純喫茶イマジン」手作りチーズケーキとカボチャのポタージュを販売。

 

校舎内でもたくさんのブースが出店。

こちらは毎年お世話になっております。ブックカフェの「ことばや」さん!

なんと今年は「ハンドセラピー」ブースも!!!

とっても良い香りでうっとり。

 

外ブースも盛り上がってまいりました!!

本気模擬店による上田校校長の本気カレー!今年はさらに本気もつ煮も登場!!

ページワンブースでは日ごろお世話になっている農家さんたちのワインやお米、おこわ、お野菜を販売!

侍学園姉妹グループであるHIDグループでは飲食部門3店合同で出店!

同じくHIDグループの美容部門ではヘアメイクを出張出店!

 

東京校生徒による似顔絵コーナー!

こちらはかなり特徴をとらえていて、上手い!と口コミが広がり急遽予約制に!!大盛況!

お隣子どもコーナーでは読み聞かせと、キッキングスナイパー、お化け屋敷で来校してくれた子どもたちを飽きさせません!!

 

グッズコーナーでは学園関連グッズや生徒作成の小物やキーホルダーなどの手作りグッズ、沖縄校生徒作成の沖縄名物シーサーやシーサー箸置きを販売!

駐車場係もしっかりお仕事。

シフトチェンジの際の引継ぎもばっちり。

校内アナウンスも生徒が担当!

ドキドキしながらマイクを握ります!

日ごろからご支援くださっている支援者の皆様や、理事のみなさんがたくさん来校し、会場を盛り上げてくださいました!!!

OB・OG、休学生もボランティアスタッフとして参戦!!

強い味方でした!

 

さあ。ここからがメインイベント。

生徒発表です。今年は2部制。1部は東京校生徒によるピアノと歌の発表。

2部は上田校・沖縄校合同作品の発表です。

開演前に円陣組んで。気合い入れていくぞーーーーーー!!!!

 

まずは東京校。

本番ぎりぎりまで参加できるか?

お客さんの前で披露できるか?

悩みに悩んだ末、影での演出での発表に。

一生懸命練習していた成果が出せました。

練習風景を1度見に行っていましたが、その時よりもピアノも歌も上手に。そしてたくさんのお客さんの前で最後まで演奏しきりました。ふたりの素敵な演奏と歌声に会場では涙するお客さんも。

 

上田校・沖縄校合同発表。

今年は初めての試みで合同になりました。

生徒の希望により、殺陣・ダンス・アクションペインティングで「今」の自分を力いっぱい表現。

今まで何回も学園祭にはさんかしていたけれど、上田校所属として参加するのは初めて。

ダンスや殺陣は難しかったけれど、練習していくうちに楽しくなっていた!

初めての学園祭参加。昨年度は客席で見ていた景色。ステージから見る同じはずの今人ホールは立場が違うとこんなにも違って見えるんだと感じた。

アルバイトをしているから午後の稽古は参加できない。その分朝早く来て練習してみんなについていけるようにしてきた。

殺陣サークル眞さんから教えていただいた、殺陣の心構え。所作。その気持ちを忘れずに舞台へ。

 

サムガクに来る前の自信のなかった木。入学していろんな経験を積んで少しずつ自信をつけ始めた木。いろんな皆さんの希望の言葉を手にして花開く木。

過去の自分と今、そしてここからを絵で表現していきました。

力強く。

今の気持ちを叫びに。

明日へ。

 

誓いの言葉では学園祭を通してどんな経験をしてきたか。

今後どのようにしていくのか。

各々誓いの言葉に込めて語っていきます。

 

 

遠く離れた沖縄の地から生徒2人きりで本校へ来て、たくさんの経験をして沖縄よりも多くの仲間と過ごす中で手に入れたもの。

当日参加するかどうか悩み、もがきながら当日を迎えて、こうしてステージに立っていること。

初めてこのステージに立った今、思うこと。

準備中の楽しかった思い出。

去年より何倍も成長した姿。成長したからこそ経験できた新しい発見。

そして、3月の卒業を見据えた覚悟の誓い。

ひとりひとり自分の言葉で。

今年のこのステージに立てなかった仲間がいます。

来場したかったけれど、一歩踏み出せなかった仲間がいます。

準備は参加できなかったけれど、当日力を振り絞って参加してくれた仲間がいます。

全員参加とは行かなかったけれど、参加できなかった、来られなかった仲間を思い、

仲間の分まで精いっぱい頑張りました。

 

最後は毎年恒例、理事長長岡による学園祭テーマソングをみんなで歌います。

『踊って 踊って 意識がなくなるその先まで 想いを謳って 声に嘘が無くなるまで きっとキミと見た あの日のあの景色は カラダがココロを追い越した answer』

『笑って 笑って 悲しみが消えるその時まで 想いを謳って 今に偽りがなくなるまで きっとあの日聞こえた 水色の詩は ミライがイマを追い越した answer』

 

『過去や他人は変えられないが 変えられるのは未来と自分 堕ちていくのか 這い上がるのか 残りの人生最初の日のキミのanswer』

こうして第15回今人祭は幕を閉じました。

上田校・東京校・沖縄校各校のつながりがより深まり、1つの学園になった瞬間でもありました。

応援してくださったすべての皆様、本当にありがとうございました。

 

サムガクはもう次に向けて走り出しています。

次回、卒業式で皆様とお会いできますように。

ページトップ