スタッフブログSTAFF BLOG

2020年6月30日

学級通信「サムライフ」vol,2352

みなさんこんにちは!侍学園より、本日は総務中村がお届けします。
今日は曇り空の上田です。それでも、朝のうちは蒸し暑さがないので、草取りもはかどります。

と思ったら、雨が降ってきました!急いで急いで!中に入ります。

雨が降ってきたので、外での活動はお休みです。さて、何をしようかということで、はじまったのは、、
ストレッチでした!

スタッフは見本を見せているつもりですが、必死です。
「絶対に、腰やっちゃいそう!」と、ある生徒が笑っていました。
ホール屋根に雨が激しくあたり、バラバラと雨音が激しい中でしたが、みんな思い思いのスタイルで、和気あいあいと身体をほぐしていました。

 

さて、そんなとき、スタッフルームの中をのぞくと、ちょうどスタッフ五十嵐が次回の授業準備をしていました「仕事の見つけ方」という題で、何回かに分けて生徒に授業を行っています。一般企業の人事担当者でもあった五十嵐ならではの視点で、生徒にわかりやすくアプローチしていきます。

 

 

さて、本日の午前中の授業者は、茶々でした。「SOGIECS(ソジークス)」についてです。
性別や能力、民族などの個性に関係なく、あらゆる思春期の若者たちを支援し、後押しするためには少なくとも「SOGIECSソジークス」の定義について知る必要がある、との観点で、今日から3回の授業で学んでいきます。

まずは、私たちの身体的特徴に関しての悩みに関して振り返ってみました。例えば、汗が大量に出てしまう、体臭がする、身体がアブラ臭い、などの悩みです。これらは、身体が正常に反応している証拠であり、健康であるという証拠です。なので、これらを理由に、他人に迷惑をかけているのではないかと悩んだり、ましてや周囲に「謝る」ことではないのです。

一日幸せを感じて生きている人からは、よい匂いがするということです。

逆に、それを気にしてそれにとらわれてしまうと、正常なホルモンの反応ではなく、精神の反応になってしまうので注意が必要だそうです。

「恥ずかしい」とか「迷惑をかける」と思うのではなく、それが今の自分の身体の状態であるということを、まず認識することが改善につながるのだという話から始まりました。

引き続いて、「レズの定義」「ゲイの定義」「バイセクシャルの定義」「トランスジェンダーの定義」「インターセックスの定義」「シスジェンダーの定義」に関して、それぞれの定義を学びながら、どんなものなのかという説明をききました。性の多様性、とはいいますが、私もこれほどまでにたくさんの種類の性があることを初めて知りました。

性を知ることは自分自身を知ることです。

そこで初めて自分自身と向き合い、ここが好き、嫌い、といった感情が生まれます。そうして生まれてきた感情は、こうだと決めつけないで、まずは心配があれば私たちスタッフに話してね、相談してね、という話でした。

 

 

午後は、、さて、この写真を見て想像してください!何をしているでしょう??

正解は、顔の手入れで日中顔の脂をオフする方法をみんなで試してます!午後の授業は男女に分かれてそれぞれ「修行」をしました。

女子チームは上記の通りなのですが、男子チームは、、男性スタッフ含めてコソコソ、ヒソヒソ、、と何やら楽しそうに話しています。

どんな内容だったのでしょうか。気になります。

 

 

今日、とある生徒と話をしました。彼は、アルバイト先を、今日退職します。

理由はたくさんあるけれど、人に合わせることに疲れてしまった。今は、学園で農作業の手伝いをしながら、自分のペースで働く感覚を身に着けている。

と話してくれました。彼の表情は疲れていました。眠そうだったので、眠い?と聞くと、今日の退職の挨拶が気になってあまりよく眠ることができなかった、ということでした。彼はとても正直です。少なくとも私は、そんな風にもがき苦しみながらも自分自身と向き合い続ける彼を、誇りに思っています。

 

この前読んだ本に、こんなようなことが書いてありました。

この先も、たくさんの困難や辛い経験が待っているでしょう。

それでも大丈夫。

すべてがうまくいく人生なんてないし、一つの失敗でやり直しがきかなくなる人生なんてないから。

あなたが生まれてきたこと自体が奇跡で、だから、あなたは生きているだけで、価値があります。

だから、助けが必要なときは全力で助けるし、応援してほしいときも全力で応援します。

あなたは一人じゃありません。そのことを、忘れないでください。

 

私たちスタッフは、生徒が第一です。現場、総務、農業部門、など、担当部署は関係ありません。

やるべき仕事はたくさんありますが、1に生徒、2に生徒。3、4がなくて、5に生徒、です。

私は今日もここで働けて幸せです。

 

 

 

ページトップ