スタッフブログSTAFF BLOG

2018年4月27日

学級通信「サムライフ」vol,1979

Dear All,

How are you?  These days, we enjoy the weather.  I am so convinced that staffs and students are building a firm relationship by spending time together and listening to each other.

みなさん、こんにちは。お元気ですか。

このところ私たちは良いお天気を楽しんでいます。

スタッフと生徒たちが一緒に過ごしお互いに話を聞くことでしっかりとした関係を築いていると私は確信しています。

Student A says, ‘there are active and passive people.  First, it was so hard for me to connect with very active people.  However these days through samugaku, I am learning how to connect to those who hold different opinions from me and how to maintain a good distance without shutting 100% to differences.’  Students are learning NOT how to avoid people, but to make a good distance and keep the friendship possible.  Priceless.

生徒Aはこう言いますす。「活発な生徒もいれば消極的な生徒もいます。まず自分にとってはすごく活発な人と接することはとても難しいです。でも最近サムガクを通じて自分とは違った意見を持つ人たちとどうやって接するかということ、そしてその違いを100%拒否することなくどのように良い距離を保つかということを学んでいます。」

生徒たちは人をどうやって避けるかではなく、どうやって良い距離を作り可能な友情を保つかを学んでいます。

とても貴重なことです。

Students are given a short moment to share their thoughts before the students at morning and late afternoon assemblies.

生徒たちは朝会と帰りの会にみんなの前で自分の考えを発表する短い時間を与えられています。

 

It is not easy for students to stand and talk before all their peers.  However students are doing it.

彼らにとって仲間みんなの前に立って話すことは易しいことではありません。

 

One of our students was discharged last week and came visited the school today.  We all were happy to see our friend in a good health.

生徒の一人は先週退院して今日学校に顔を出してくれました。

私たちは元気な友人に会えてとても幸せでした。

Sometimes we had a good open discussion.  We exchanged our standpoints and thoughts diplomatically.  Upon discussion, students and us/ staffs grow for sure.  Student B says, ‘I thought that I was seeing everybody and working as one of the team.  I realize that I wasn’t seeing everyone.  So I will try to be more sensitive about people around me.’  Discussion is fruitful and students learnt a lot.

時々私たちはオープンで素敵な話し合いをしました。お互いの見方や考えを社交的に話し合いました。話し合うことで生徒とスタッフは確実に成長しています。

生徒Bは言います。「自分はみんなを見ていてチームの一員として働いていると思っていました。でもみんなを見ていなかったということがわかりました。だから回りの人たちにもっと気を配ろうと思います。」話し合いは実り豊かで生徒たちは多くを学びました。

Student C says, ‘I could see and read people much and speak out my opinion without having a second thought.  I would like to learn to change some of my weak points.’  Seeing and knowing oneself isn’t easy.  Yet, students can see themselves subjectively through school.

生徒Cはこう言います。「人のことをよく見て読んで自分の意見を考え直すことなくしっかり言うことができました。自分の弱点をいくつか変えることを学びたいと思います。」

自分自身をよく見て知ることは簡単なことではありません。でも生徒たちは学園を通じて主観的に自分自身を見ることができています。

 

 

SMILE 😀

遠足日のための準備を真面目にしています。

遠足日のための準備を楽しくやています。

 

沢山の才能をもっとる、うちの生徒たち!

above all, I can see students grow.  I am so sure that our students will continue growing with our school.  Can’t wait to see their brighter future.

何よりもまず、私には生徒たちが成長していることがわかります。

私は学園とともに生徒たちが成長し続けるだろうと強く確信しています。

みんなのさらなる明るい未来が待ちきれませんね

 

感謝しつつ、

茶々より

ページトップ