スタッフブログSTAFF BLOG

2018年10月24日

学級通信「サムライフ」vol,2064

Good evening from Samugaku!

This is Chaa writing.  In the early morning, I was being greeted by students with wide smiles.  Some of the students are working in society and their work performances are being recognized by their colleagues and supervisors.  Seeing students being a part of society makes our school so proud. Again, I am so grateful to all the parents who put their trust in our school.

今日は茶々が書いています。今朝早く、生徒たちが笑顔で挨拶してくれました。一部の生徒は社会の中で働いていて、その働きは同僚や上司からも認められています。生徒たちが社会の一部として頑張っていることを見ると、この学園が誇りに思えます。改めて、学園を信頼してくださっている保護者の方々に感謝いたします。

With the trust and support of parents, our school could help students this far.

保護者の方々の支援と信頼のおかげで、学園は生徒たちを今まで支援できてきました。

As usual, students are accustomed to working accordingly with the daily program.  In the morning, some took a walk, weeded, peeled the garlic, and practised writing Chinese character according to the choice study they made.

毎日のプログラムに沿って動くことに生徒たちも慣れています。午前中は、ウォーキングか、草取り、ニンニクむき、漢字練習のどれかを生徒たちが選んで行いました。

In general, our students are good. Yet, they are still struggling how to be in a group and to take responsibility.  Through the program of the school, individuals are encouraged to choose the task/ subject which is presented by the staff and they are to keep doing on the task they picked for a month.  By doing so, students are learning responsibility and consistency naturally.

一見、生徒たちは順調そうに見えます。けれど、集団の中でどう振る舞ったらいいのか、どう責任と向き合うのか、依然悪戦苦闘しています。学園のプログラムの中で、生徒たちはスタッフから示される課題を選び、1ヶ月間その課題や目標に取り組み続けます。そうしていく中で、生徒たちは責任感や、一貫性を自然と学んでいきます。

Kokorozashi class comes after Choice study.  Here comes the individuals choice. Students can freely pick one task they want to do the whole month for Kokorozashi class.  Here, we staff can learn the students and their interests through their choice of tasks for a month.  More or less, all our students are eager to learn things.  Yet, to have the persistence and steady motivation within themselves may need to be encouraged and guided by the staffs closely.

チョイスタの次は志の授業です。この授業では、自己選択をします。生徒は志の授業の中で一ヶ月間やりたいことを自由に選ぶことが出来、逆にスタッフも生徒が選んだものを通して、生徒や生徒が興味を持っていることを知ることが出来ます。個人差はあるとしても、生徒全員が何かを学びたいと本気で思っています。しかし、我慢強さを身につけたり、モチベーションを保ち続けるには、スタッフが近くで励まし、導く必要があると思います。

I had challenged students yesterday that LEARN from the staffs how to maintain balance and keep growing steadily.

昨日、私は生徒に、スタッフからどのようにバランスを維持して成長し続けているのか学ぶよう言いました。

Today I taught as follows: 今日は以下のことを教えました。

4 things we need to stop telling ourselves if we want to improve your mental health!

By Kathleen Smith, PhD:精神的に成長するために、自分に言うのをやめる必要がある四つのこと

  1. I must be loved by everyone at all times. いつもみんなから愛されないといけない

The reality is that you can never make everyone happy all the time.

全員をいつも幸せにするなんて出来ないというのが現実なのです。

Instead, try focusing on our own values.

その代わりに、自分自身の価値に集中しましょう。

  1. I must be successful at everything. すべてのことに成功しないといけない

Often the most successful people have failed numerous times and embraced their flaws.

成功している人こそ数え切れないくらい失敗して、自分のミスで恥ずかしい 思いをしている。

  1. I must avoid all conflict. あらゆる衝突を避けないといけない

Cutting off or distancing yourself from people who are difficult can seem like the safest solution.

うまく付き合うのが難しい人たちとの距離をとったり関係を絶つことは、一見安全な解決策にみえる。

But this escape act is only a temporary fix. けれどこれは、一時的な解決にしかならない。

  1. I must have control over everything. 全てを支配しないといけない

Some of the studentsresponses are as follows: 生徒たちはこんな感想を言ってくれました。

“We always think that being loved by everyone is a must for us.  Thats why we couldnt communicate or express our feelings.  As a result, we fail in many areas. We want to re-set our mind.”

「みんなから愛されないといけないといつも思ってしまう。それは、自分の気持ちを表現したり伝えたり出来なかったから。その結果、いろんな場所で失敗してしまう。考え方をリセットしたい」

“As for me, I learn that I must stop measuring my value by others.  By being loved by other, I tried to set the value of myself and of others. It pulls me down.  When I was working at a nursing home, I tried to be recognized by people around me and I thought everyone around me is way smarter. At last, the gap between me and the people around makes me down.  Indeed, there were many things I could do.  I could recognize myself today that I am one of the adults in society regardless of my failures.”

「他人と比べて自分の価値を測るのをやめないといけないと学んだ。他人から愛されることで、自分の価値や他人の価値をつけようとしてきたけれど、それは自分を下げることにしかならない。介護施設で働いていた時、周りの人に認めてもらおうとしたし、周りの人は私よりかしこいと思っていた。最終的に自分と周りの人との差で落ち込んでしまった。実際は、出来ることはたくさんあった。いくら失敗しようと、私は社会にいる大人の一人なんだということを今日知ることが出来た」

“Failure or failing is not alright for me.  I was afraid of making mistakes.”

「失敗することは自分にとってきつい。失敗を怖がってしまっていた」

 

“Even if we dont get along with people around us, we shouldnt avoid.  The idea that I must be successful in everything should not be practiced.  Making mistakes will help us learn taking responsibilities.”

「たとえ周りの人と上手くいかなくても、それは避けるべきじゃない。すべて成功しないといけないという考えは役に立たない。失敗をすることで責任をとるということを学んでいける」

“I wanted to control everything. I was concerned about people around me a lot.  And I said to myself I was not good enough.  I blamed myself.  I learnt that even if I tried to do perfect and be perfect, I cannot please everyone.”

「全部を支配しようとしていた。周りの人を気にしすぎていた。そして自分はまだまだダメだと言い聞かせてしまっていた。そうやって自分を責めていた。たとえ完璧にこなそうとしても、全員を喜ばせることなんて出来ないんだということを学べた」

We will have a softball match on this Sunday.  Students are practising hard for it.  Here today students practised hard.  I am so sure that they had a blast.  Please come to see how students can play softball.

今週の日曜日にソフトボール大会があります。生徒たちは一生懸命練習していて、今日も頑張っていました。きっと楽しい時間だったと思います。生徒たちがどれくらいソフトボールが出来るか見に来てくださいね。

Above all, students are being trained physically and mentally here in the school.

そしてなにより、生徒たちは学園で身体的にも精神的にも鍛えられています。

Thank you for reading the blog.

茶々より

ページトップ