スタッフブログSTAFF BLOG

2018年11月16日

学級通信「サムライフ」vol,2078

Dear All,

From the morning, students work in a team for playing and studying.  When alone students can do so little in a terrible silence.

今日は朝から生徒たちはグループを作って遊び、勉強をしました。一人だと味気なく静かで、たいしたことは出来ません。

However, students can do so much when they are in a group with laughter and grins on their faces.  As students are placed in a teamwork, students are learning to build trust by working together.

けれどグループを作り、歯を見せ笑いながらだと、一人の時よりももっと多くのことが出来ます。仲間と協力しながらやることで、生徒たちは信頼を築くことが出来るようになります。

Of course, there are tiny uncomfortable feelings among the students.  Yet, students learn to become considerate and thick-skinned.

もちろん、みんなといると少しイラッとすることはあります。けれど生徒たちは、思いやりを身につけ、ちょっとしたことではイラつかなくなっていきます。

I recalled words of Mother Teresa, ‘None of us, including me, ever do great things.  But we can all do small things, with great love, and together we can do something wonderful.’

私はマザーテレサの言葉を思い出しました。「私をふくめ、誰も偉大なことは出来ません。ただ偉大な愛でもって小さなことが出来るだけなのです。そしてそれが積み重なって素晴らしいことが出来るのです。

Both students and staff, we could build trust and grow in love and achieve the short-term goals on many occasions.  We will keep doing those not alone but together.

生徒もスタッフもどちらも、愛の中で成長し、信頼を築き、たくさんのチャンスを経て短期目標をクリアすることが出来てきました。そしてこれからも一人ではなく、一緒にこれを続けていきます。

Engaging with students and listening to their day-to-day feeling REQUIRES learning.  ‘No time for learning,’ is inexcusable in our work setting. Learning will help us to engage more with students.  We, staff, are learning to equip ourselves in order to help students.  Besides, the task of our staff is to foster ‘learning’ in students.

生徒に向き合い、彼らの日々の気持ちに耳を傾けることは、学びのためには欠かせません。「勉強する時間がない」こんなセリフは私たちの職場では言い訳になりません。学ぶことは私たちの生徒に向き合うこと仕事の助けになります。私たちスタッフは、生徒を助けるために自分自身を鍛えられるようになろうとしています。しかも私たちスタッフの仕事は、生徒の中の「学び」を育てていくことなのです。

By engaging with the students, we can perceive the interests and the potentials of individual students. As we know the students and their potentials, we can provide the right tasks and have a sense of connection between us and students.

生徒と接することで、私たちは生徒一人一人がどんなことに興味があるのか、どんな潜在能力を持っているのかということに気づくことが出来ます。そして生徒のこと、生徒が持っている能力を知ることで、生徒たちに正しい課題を与え、生徒とのつながりを感じることができます。

Listening to students allows me to identify patterns of students’ emotions and collect sorts of behaviour features.  Those help me to stay connected with the students and find the appropriate approaches accordingly.

生徒のことを学ぶことで、生徒の感情のパターンを見極め、行動の特徴をまとめることが出来ます。そうすることで私は生徒とつながり続け、一人一人に応じた適したアプローチを見つけることが出来ます。

The emotion of certain students tends to fluctuate wildly at times.  Yet, all the varied emotions are so real and they rush to decide things. Here, we staff got to play a role of moderator between the students and their unsettled emotions.

ある生徒の感情をその時によって大きく上下します。けれどその変化する感情全てが本物で、決断を急がせます。サムガクでは、私たちスタッフは生徒と、その生徒の安定しない感情との調整役、仲介者としての役割を担っています。

At the dancing class, students forget their struggles and reserved beings.  They just danced.  They dance like nobody was watching.

ダンスの授業では、生徒たちは抱えている苦しさや内気な性格も忘れてただ踊ります。誰も見ていないかのように。

Our dance teacher Emi is full of energy and sparkles.  She describes music and dance as expressions of individuality.  To my surprise, all the students can dance along with Emi sensei. She is totally awesome!

ダンスの先生であるエミ先生は元気いっぱいでキラキラしています。彼女は音楽やダンスをそれぞれの感情表現だと言います。そして驚いたことに、生徒全員がエミ先生と一緒に踊ることが出来ます。彼女は本当に素晴らしい人です。

In the afternoon, we went to the farm and helped to pick daikon, gleaning and trashing all the autumn leaves and branches.  Some picked the celery.  So much adventuring there at the farm indeed!

Above all, we learned a lot today.

午後、私たちは農園に行き、大根を抜くのを手伝い、落ち葉や枝を片付けました。セロリを拾った人もいました。農園での冒険のようでした。

このような感じで、今日私はたくさんのことを学びました。

お疲れ様!

茶々より

ページトップ