スタッフブログSTAFF BLOG

2019年2月19日

学級通信「サムライフ」vol,2129

Dear All, 親愛なる皆さんへ

There are good or bad days. Today is, for me, a good day indeed. Students grow in a certain area.  My day begins with a couple of counselling sessions of the students.  Students speak out of their hearts.  Their struggles tell me that each student learns responsibilities and to take them accordingly.  日々の中には良い日もあれば悪い日もあります。そして今日は、私にとっては実に良い日です。生徒たちはそれぞれの場所で成長しています。今日は何人かの生徒との面談から始まりました。生徒たちは心の中を打ち明けてくれました。生徒たちが抱える苦しみを聞いていると、それぞれ責任というものを学び、それに合わせて責任を取れるようになってきていると感じます。

Regardless of their stuffed emotions, students come to school.  It reminds me NOT fail to recognize all the efforts the students are making in their day-to-day life.  Above all, students are getting to know themselves and learn to accept what they are.  生徒たちはたくさんの感情を抱えながらも、学校に来ています。その姿を見ていると、生徒たちの毎日の努力を忘れてはいけないなと思い知らされます。そしてなにより、生徒たちは自分自身を知り、自分というものを受け入れられるようになってきています。

To express feelings and to have those feelings explained verbally are a tough call for many of the students.  Yet, students are learning how to express in one way or the other.  And students are experiencing differences in opinions and worldviews.  感情を表現すること、感情を言葉で表すことは多くの生徒にとって難しい使命です。けれど生徒たちはそれぞれの方法で感情を表現できるようになってきています。それに他人との世界観が意見の違いも経験しています。

It is quite challenging for students to recognize differences and as well as to maintain their standpoints.  Yet, students are learning to have good thick-skinned in order to enter society. 違いを認識すること、そして自分の立場を維持すること、その両方は生徒たちにとってはかなり大変なことです。けれど社会で生きていくための、良い意味での鈍感力を生徒たちは手に入れています。

 Today program begins with “Choice Study” such as learning English and doing chores with a piece of good rhythm music.  Students’ involvements are truly heartening for our teaching staff.  With wide smiles, students were conversing in English in my Choice Study class.  今日のプログラムはチョイスタから始まりました。英語の学習や素敵なリズムの音楽に合わせて作業をしたりしました。生徒たちの掛け合いは私たち現場スタッフにとって本当に心温まるものです。チョイスタでの私の担当である英語の授業でも、笑顔で生徒たちはお喋りしていました。

Through changes and smiles of the students, my happiness increases, my care expands and my heart makes bigger.  I do believe that every staff feels like me.  We struggle when students struggle.  We are happy when the students happy.  We become like them and we work together and solve things together.  No student is left alone at all in samugaku.  生徒たちの変化や笑顔を通して、私ももっと幸せになりますし、もっと幅広く気にかけることが出来、私の心ももっと広くなります。他のスタッフも皆私のように感じていると私は確信しています。生徒が苦しんでいる時は私たちも苦しいですし、生徒が嬉しい時は私たちも嬉しいのです。私たちは生徒たちみんなを好きになり、一緒に頑張って、一緒に悩みを解決するのです。サムガクでは、生徒が一人ぼっちになることは決してありません。

This morning, students are writing ‘thank-you-letter’ to all the lecturers of the school year (2018-19) as the school year is ending.  We are so grateful to many who share their knowledge and experiences, who give their precious time for the students and for samugaku. 今朝、年度終わりということで、生徒たちは今年度お世話になった講師の方々にお礼の手紙を書きました。知識や経験を私たちと共有してくださったり、貴重な時間を生徒とサムガクのために使ってくださる多くの方々に、私たちは心より感謝しています。

This morning, Saito san is teaching students to know their interests and hobbies.  One of our school objectives is TO PLAY.  Life is tough.  Yet, we will not miss having the time or chance to PLAY.  午前の授業では、斎藤さんが自分の興味や趣味を見つける授業をしました。この学校の目標の一つが、「遊ぶこと」です。人生は苦しいものです。けれど私たちは、「遊ぶ」時間や機会を逃さないようにしています。

Saito san is drawing all the attention of students to collect their hobbies and have them written down on their notebooks.  Of course, some of the hobbies may be so impossible to actually do them.  Yet, Saito san encourages the students just to write down every hobby popped in their minds. 斎藤さんはまず生徒たちにやりたい趣味を集めることに集中させて、それをノートに書き出させました。もちろん、その中には実際にするのは不可能なものもあります。けれど、斎藤さんは、頭に浮かんだものは全部書き出すように生徒たちを促しました。

As a result, students wrote down more than one hobbies.  Students are given time to tour around the desks and read others’ hobbies afterwards. Students are instructed to narrow down their hobbies by choosing one to three hobbies when they got back to their seats.  そのおかげで、生徒たちは最低でも一つ以上は書き出すことが出来ました。そのあと生徒たちは他の生徒たちが書き出した趣味を見て回りました。そして席に戻って、その中から一つから三つまでに絞るよう指導をうけました。

In the end, Saito san asks the students to collect or imagine the reasons or what makes their hobbies impossible.  He then explains the details and management of money and time for hobbies.  Hobbies make us relaxed and give us happiness.  Yet, hobbies are a part of life, but not life itself.  So, it is not a must for everyone to have hobbies.  最後に、斎藤さんは生徒たちに、どうしてその趣味が出来ないのか想像するよう言いました。そして斎藤さんは趣味に対するお金や時間のマネージメントなど詳細について説明しました。趣味を持つことによって私たちはリラックス出来ますし、幸せを感じることが出来ます。けれど趣味は人生の一部であって、人生そのものではありません。だから全員が趣味をもたなければいけない、ということではありません。

Hobbies which cost less and are less time-consuming are introduced by Saito san:  watching the movie, reading (going to the library and buying books), writing a diary, walking, and workout. As some of the students are struggling not having hobbies and not able to have hobbies, the class reaches all students without fail. あまりお金や時間を使わない趣味を斎藤さんが紹介してくれしました。映画鑑賞や読書(図書館に行ったり、本を買うこと)、日記をつけること、ウォーキング、運動などです。何人かの生徒は趣味がないことや、趣味が見つからないことで苦しんでいるので、斎藤さんの授業は生徒全員にしっかり届きました。

In the afternoon, students speak out the popular words of the year freely and have them written on the green board.  Here you go, ‘…’ is the most popular word of the year! 午後は、生徒たちが今年の流行語について意見を出し合い、黒板に書き出しました。その結果、「○○さん反抗期」が今年の流行語第1位に輝きました!

In the end of the program, our director Nagaoka talked about donations and how samugaku has been blessed by many people.  We all are somehow imperfect.  Yet, those imperfection, someone helps us.  To have a grateful heart is very important.  We are helped and sustained. In near future, let us be the one who helps others who are in need. 今日の終わりに私たちの長岡理事長は寄付について、そしていかにサムガクが大勢の方々に祝福されているかについて話しました。私たちは誰でもある程度不完全です。それでもその不完全さを誰かが補い助けてくれます。感謝する心はとても大切です。私たちは助けられて、継続できています。近い将来には私たちも助けが必要な人に手を差しのべられる人になりましょう。

Thank you so much for reading!  最後まで読んでいただきありがとうございました!

茶々

ページトップ