スタッフブログSTAFF BLOG

2019年7月13日

学級通信「サムライフ」vol,2191

Dear Blog Readers, ブログの読者の皆様こんにちは

First of all, I would like to say THANK YOU so much for your constant care and support.  Your support and help have been reaching all the unreachable ones.  With you/together, we are making changes in the lives of students and related families.   How I wish I could convey all the miracle changes have taken place among the students in details.  まず始めに、皆様の変わらぬ支援と気遣いに感謝を申し上げたいと思います。皆様の助力によって今までは支援が届かなかった方にも支援を届けることが出来ています。そしてそんな皆様の力もあり、生徒やその家族の人生に変化を生み出すことが出来ています。生徒の中で起こってきている奇跡とも言えるような変化を全て細かくお伝えできたらなと思っています。

I felt like I have been away from the blog for a while.  Gobusatadegozaimasu.  This is Chaa writing today blog with a grateful heart.  私はブログから少し離れていたように思います。「ご無沙汰でございます」茶々がブログを感謝の気持ちいっぱいで書かせていただいています。

With fine weather and under the bright sky, all the programs were being run with love and great care.  During the choice study, students got to do what they picked to do for a month period. Chopping woods, putting pieces of puzzles back and weeding were carried out with laughs and whole-heartedness.  When I went around and took pictures, the students greeted me with wide smiles and upbeat spirits.  Our morning begins with upbeat mode.   いい天気と青い空の下で、全ての授業が細心の気遣いと深い愛情をもって行われました。チョイスタでは、生徒たちは一ヶ月間自分で選んだことを行います。薪割りや、パズル、草取りを笑いながらも一生懸命行っていました。私が見回りながら写真を撮っていると、生徒たちが笑顔で楽しそうに挨拶してくれました。今朝は楽しげな雰囲気で始まりました。

Choice Study was followed by Learning about History regarding war and politics and the polls which is taught by Saito san.  The issues Saito san was teaching to students are quite extraordinary and needless to say, challenging.  To my surprise, Saito san got the attention of the students regarding war and its severity and how invaluable life is.  As I have been working with Samugaku for three years, I do know how students behave and participate in the class.  There are few students who I couldn’t get their attention or I couldn’t meet their needs or interests.  However, even those students got participated in the class activities on issues like wars and the polls.    チョイスタの後は、斉藤さんによる戦争と政治、選挙に関する歴史に関する授業でした。斉藤さんが生徒に教えた授業は、御察しの通り、かなり挑戦的な内容でした。けれど驚いたことに、戦争やその悲惨さ、命がどれだけ尊いか、という内容で生徒たちの関心を集めていました。今まで3年間サムガクで働いてきて、私は生徒たちがどのように振舞って授業に参加するかを知っています。なかなか関心を引くことができなかったり、本人の興味を引き出せなかったりする生徒が少なからずはいます。けれど、そんな生徒たちが、戦争や選挙といった内容の授業に参加していました。

Here are voices of students I had collected their reflections of the class:  ここに私が聞いた生徒たちの感想を書いていきます。

1. I learnt that life is very invaluable.  (As you may know, many of our students found life itself is so hard to live.  Yet, they are learning how living or being alive itself is so valuable through the activities and classes of the school.)  命が本当にかけがえのないものなんだと学びました。(皆さんも知っているかもしれませんが、生徒の多くが自分の人生に生きづらさを感じています。けれどそんな生徒たちが学園の授業や活動を通して、生きることや生きているということ自体がどれだけ大切なことなのかを学んでいます。)

2.    Through the wars and its consequences, I learnt that wars are terrifying.  I don’t want wars.  As I learnt the consequences of wars, I am truly terrified and would want Japan without wars.  戦争やその結果として起こったことを通して、戦争の恐ろしさを学びました。戦争は起こってほしくないです。戦争が引き起こすことを学び、本当に怖くなりましたし、戦争のない日本でいてほしいと思いました。

3.    I want to pursue peace for myself and for Japan.  I learnt about how important peace is here in and for Japan.自分のためにも、日本のためにも平和を追い求めていきたいと思います。ここ日本で平和がどれだけ大切かを学びました。

Students are naturally being taught regarding politics and how the polls help for the future of Japan. I am so sure that students are learning how Japan was and how Japan is and how Japan will be or may become THROUGH samugaku.  生徒たちはリラックスしながら政治や、選挙が日本の未来にとってどれだけ大事かを学びました。サムガクを通して、生徒たちは日本が今までどんなだったか、そして今どうなのか、これからどうなるのか、もしくはどうなるかもしれないのか、を学んでいると私は確信しています。

In the afternoon, we went to the farm and helped cleaning and weeding.  Students are being taught how they are needed and how they help others through the everyday schedule.  I had the opportunities to talk with some students.  Let me brief for you:  午後、私たちは農場に行って掃除や草取りを手伝いました。生徒たちは毎日のスケジュールの中で、自分がどう必要とされているのか、他人の役にどう立てるのかを学んでいます。私は何人かの生徒とお話しすることが出来ました。少し話させてください。

1. I never thought I could work or even if I work it would continue.  Now I am working.  I sort of believe that my time to live in a flat is coming soon.  自分が働けるなんて、たとえ働けたとしてもそれを続けられるなんて、決して思えなかった。そんな自分が今では働いている。アパートで一人暮らし出来る時ももうすぐやってくるとなんとなく感じている。

2.    Even if I find it hard to break the walls I have, I would like to learn how to work in a society and try to live a life which doesn’t forget or ignore me and my being.   たとえ自分がぶち当たっている壁を壊すことが難しいとわかったとしても、社会の中で働く方法を学びたいですし、自分の存在を無視したり忘れてしまったりしない生き方で生きていきたいと思います。

3.    Even if I couldn’t come to school on time and it is hard for me to be myself and to know what I am thinking among the students, I literally witness that my daily routines have been made better compared to when I was home shut myself in.  I would like to speak out more when I feel unsettled and unmotivated.  学校に時間通り登校できないとしても、また、みんなの中で自分が何を考えているのを知るのが難しくても、そしてその中で自分が自分自身でいることが難しくても、家で自分を閉じ込めていた時と比べると、生活習慣が確実に良くなってきていることを文字通り私は自分自身で目撃しています。自分が落ち着かなかったりやる気が出ない時に周りに打ち明けることがもっと出来るようになりたいです。

Above all, I am overwhelmed to see changes taking places in the lives of students steadily.  They grow beautifully.  They learn to sort emotions and facts in many areas.  Emotionally students might get caught in some issues.  Yet, they are making steps forward to dealing with the emotions.  Their clouded and indifferent eyes have been made clear and showing emotions.  Their unsettled hearts and their hearts which fill anxiety, assumption and doubts are being replaced with knowledge, checked facts, and love.   なにより、生徒たちの生活の中で着実に起こっている変化に私は圧倒されています。生徒たちが成長していく姿は美しくさえあります。色んな分野で感情と事実を整理できるようになっています。感情的になってしまう生徒はいくつかの問題にとらわれてしまうかもしれません。けれど彼らは感情にうまく対処するために一つ一つ前に進んでいます。彼らの不安定な心、不安や思い込み、疑いに満ちた心は、知識、確認済みの事実、そして愛に取って代わりつつあります。

Students could open their hearts and speak their hearts out. We staffs are willing to listen to them and helping them outs with all our beings. We are taking steps with the students towards a finer and hopeful future.  生徒たちは心を開き、心の内を打ち明けることが出来ました。私たちスタッフは彼らの話に耳を傾け、私たちの存在をかけて手を貸したいと思っています。より良い希望あふれる未来に向かって生徒と一緒に一歩ずつ進んでいます。

Again, the love and support that all the parents have been showing tangibly daily have been backing our works to guide the students.  With parents and all the people who support our line of work, we are reaching and helping young people who need a little push to see things clearer and to know they are loved and somebody for family, society, Japan and the world.  改めて、すべての保護者の皆様が毎日目に見えるほど示してくださっている愛や支援のおかげで、私たちは生徒を導くことが出来ています。保護者の皆様や、支援してくださる全ての方々がいてくださるからこそ、私たちは、世の中をより知るための、また自分が愛されている存在で、家族のための、社会のための、日本、世界のための存在だということを知るための一押しを必要としている若者に手を差し伸べることが出来ています。

Thank you for being a part of our journey.  私たちの旅路に手を貸していただきありがとうございます。

茶々

ページトップ