スタッフブログSTAFF BLOG

2020年4月28日

学級通信「サムライフ」vol,2314

Good evening from Samugaku!  サムガクよりこんばんは。

Today we split three groups among the staff: Curry shop, Farm and School.  今日、スタッフは三つのグループに分かれました。カレーショップ、畑、学校と。

We have launched a curry shop in Last year December.  Curry Shop ROUTE 346 will be a step to reintegrate our students into society.  Regardless of situations, our director has decided to keep the curry shop operating.  In no time, the shop will be a stepping stone for our students.   私たちは昨年12月からカレーショップをやっています。カレーショップ『ROUTE346』は学園の生徒たちが社会へ踏み出すための1ステップとなるでしょう。諸々の状況にもかかわらず、理事長はこのカレーショップの営業続行を決めました。まもなくこのお店は生徒たちの第一歩目の踏み石となるでしょう。

Some staff went to farm to grow seedling for this year.  We are so blessed because we are helped by certain farmers and farms.  Agriculture and farming are one of main courses for our school and students got to learn how veggies and rice and animals are being grown.  We helped the process of making seedling for this year today.  Today is a productive day!  何人かのスタッフは今年の育苗のため農場に行きました。ある農家の方に援助してもらっているので私たちはとても恵まれています。農業と耕作は学園と生徒たちが野菜やお米、そして動物がどのように生育するのかを学ぶ重要なコースの一つになっています。今日は今年の育苗のためのお手伝いをしました。今日は生産的な一日ですね!

At school, we are doing our tasks accordingly.  While teaching staffs are busy with teaching and all the school programs, office staff are super busy and taking a lot more responsibility to run the school and to connect with all the related people via calls and mailing as coronavirus has radically changed our annual schedule.   学園ではそれぞれ自分の仕事をしています。現場スタッフはオンライン授業と学園プログラムで忙しくしている一方で、総務スタッフはコロナウイルスのせいで学園の年間スケジュールが全く変更になっているので、電話やメールなどで関係するすべての方々と連絡を取ったり学園を円滑に運営するため責任ある仕事に忙殺されています。

This morning, I taught to school via zoom about how to take responsibilities!   To take responsibilities isn’t easy.  By doing our part in a community, at home and at school, we can find our identities.  By finding our identities, we can gain confidence and more freedom.  Students and their thoughts after the class were so moving forwards.   今朝私はZOOMで、どのように責任を負うかについて教えました!責任を負うことは簡単ではありません。自分のいるコミュニテイー、家庭、そして学校で自分の役割を果たすことによって私たちは自分自身のアイデンテイテイーを見いだせるのです。自分のアイデンテイテイーを見出して初めて私たちは自信を得、もっと自由を得られます。授業の後、生徒と彼らの考えは前に向かって動き出しました。

This afternoon, one of my Canadian friends came to help technology things.  今日、カナダ人の友達がパソコン作業を助けに来てくれました。

 

Let us stay together with our hearts! さあ、心と心でつながっていましょう!

Thank you for your constant help! 感謝しつつ、

茶々より

ページトップ