スタッフブログSTAFF BLOG

2020年6月25日

学級通信サムライフ vol,2349

Hello from Samugaku,

Here are my feelings this morning at my workplace!  I feel LOVE and UNDERSTANDING and willingness to SHARE Wisdom and Time here in my school.
サムガクより、こんにちは!私の職場で今朝、実際に感じたことです!愛と理解、そして知恵と時間を分かち合おうとする意欲をこの学校で感じます。

Needless to say, we all are emotional.  At times, emotions take control and temporarily our emotions get us lost and how we see things become uncontrolled.
言うまでもなく、私たちはみな感情を持っています。そして、それはコントロールできるときもあれば、時としてコントロールできなくなり、価値観や判断力が鈍るときもあります。

Allow me to pick me some of today incidents how students are resilient.

Student A got lost control and became emotional.  His words became aimless.  However, staff are ready to sit with him and listen to him.  As a result, student A could calm himself and is making effort to do what he ought to do.  Students are facing their flaws and mending them with the help of staff and the love and support of parents.  Everything is truly made possible in our school.
本日実際に起きた出来事を通じて、生徒たちがどのように気持ちを立て直していくのかというお話をさせていただきます。
生徒Aは感情的になり、無気力な発言が見られました。それでも、スタッフは彼の話を聞くために彼の傍に寄り添いました。すると彼は冷静になり、取り組むべき活動に対する努力を示しました。生徒たちはそれぞれの欠点と向き合い、両親の支えや愛、スタッフの力を借りて、それらを改善していくのです。私たちの学園ではそれが実際に可能なのです。

Student B felt loneliness and that loneliness leads him not wanting to converse with other students.  Here too, the staff naturally sat with him and provided the atmosphere which students can find themselves and check their emotions.  Our mentality is being trained objectively here in our school.
生徒Bは孤独感に陥りました。そして、寂しさがつのるあまり、他の生徒との接触を避けていました。するとここでも、スタッフが自然と彼の隣に座り、生徒たちが彼ら自身とその感情を確認できるような雰囲気を作りました。スタッフは彼らが自身の感情と向き合い理解することができるまで共に過ごし共に働きます。この学園においては、生徒と共に、私たちは精神的にも成長するのです。

And today we have a young doctor, Aratani san from Chiba for two days here in our school.  Aratani san is young and yet very good with young people and at making conversation.  I hope Aratani san learns love, understanding and practical cares we practice here at our school.  Many students enjoyed sharing their feelings to Aratani san and learned different perspectives to their situations and emotions after the conversation.
本日は更に、若き研修医、荒谷さんが千葉からいらっしゃいました。2日間の滞在です。荒谷さんはまだ若い方ですが、若い人たちととても上手に会話をしてくださいます。私は荒谷さんがここサムガクで、愛、理解、そして実際の生徒対応を学んでくださることを願っています。たくさんの生徒たちが荒谷さんに彼らの気持ちを共有することを楽しみ、会話の後に、彼らの置かれた現状や感情について違う視点からの見方があることを学んでいました。

Verbal communication is tough for many students.  In the morning class, students are grouped and guessed the terms on the head in the conversation.  To my surprise, students could convey in a loud voice with laughter.  And Aratani san shared that doctors learnt a vast information/knowledge regarding the symptoms and diseases in a precise way.  Making efforts in adding knowledge and using them in a practical field of Aratani san LITERALLY gives students HOPE and MOTIVATION.
実際に声に出す言葉でのコミュニケーションは、多くの生徒にとっては困難を有するものです。本日の午前の授業では、生徒たちはグループに分かれ、それぞれの頭に様々な用語をつけた状態で会話をし、その内容から自分の頭についている用語が何なのかを推測する、ということを行いました。驚いたことに、生徒たちは笑いながらも大きな声で伝えることができていました。そして荒谷さんがドクターたちは、症状や病気に関して、正確な方法で莫大な情報や知識を学んできていることをお話ししてくださいました。知識を積み重ねる努力をし、それを実際の診察の現場で生かしているのだという荒谷さんのお話は生徒たちに希望と意欲を与えました。

This afternoon, we learnt the origin of humans, how infectious diseases coexist among humans and how humans control the spread of diseases.  We looked back to the history together.  As humans ate what they saw at first, people got to move around a lot.  Now humans learn to grow for what they want to eat.  Moving/ mobility is no longer necessary and people chose to stay the place they wanted for a longer period.  The land has been burgeoning demographically.  And the land became larger as the population increases.   civilized society is being begotten.  Here students got to learn briefly about Christopher Columbus.  Traditions and cultures were structured and applied as needed.  And infectious diseases (Ebola, AIDS, Sars, Covid 19) incur and a large population got killed.  Subsequently, humans came together collectively and vaccines were made for infectious diseases.  We humans survive.  Incredible!
午後は、人類の起源について、どのようにして感染症は人類と共存してきて、どのように人類は感染症の拡大を防いできたのかということを学びました。まず私たちは、共に歴史を振り返りました。人類はまず、目の前にあるものを食べていたので、人々は移動を繰り返しながら生活をしていました。今私たちは、食べたいものを育てるということを学んでいます。人々にとって移動しながらの生活はもはや必要ではなくなりました。住みたい場所に長く居続けるということが可能となりました。人口統計学的に見て、土地は急成長し、人口の増加によって土地はより広くなり、文明社会をもたらしました。ここで生徒たちは、クリストファー・コロンブスについて少し学びました。伝統や文化が形成され、必要に応じて適応されてきました。そして、感染症(エボラ、エイズ、サーズ、コロナ)が発生して、多くの人々が命を落としていますが、その後、人類は英知を結集させて感染症へのワクチンが作られてきたのです。私たち人類が生き延びていること。これは奇跡です!

Personally, I learnt that how resilient humans regardless of infectious diseases.  When we looked back to the history, humans made the land larger geographically and demographically.  We became more civilized and informative as days go by.
個人的には、私は人類が感染症の数々にも関わらず、それを克服してきたことを学びました。歴史を振り返ると、人類は地理的にも人口統計学的にも、土地をより大きくしてきました。私たちは日を追うごとに、より文明化と情報化が進んできたのです。

So much learning today and it is so blessed to feed our heads and hearts with informative knowledge and profound experience through today program.  I do think that our life is miracle and we are made wonderfully and fearfully.  We are more than happy by the fact ‘students came and talked to us.’  At times as for me, my heart was unprepared and I couldn’t hear (listen to) the students well.  Yet, they still trust and choose to trust me.  I can say that students learn to trust and learn to lean/rely on someone in a healthy way.  They are going to be alright when they re-enter society.
本日は学ぶことが多くありました。プログラムを通じて得た、たくさんの知識と情報は、私たちにとって深い経験となりました。私は心底、私たちの命は奇跡であり、素晴らしく、恐ろしいくらい精巧に作られているのだと思います。
私たちスタッフにとって「生徒が来て、話してくれる」という事実よりも幸せなことはありません。時として、わたしの心は生徒の話を聴く(聴こうとする)準備が整っていないこともありました。それでも彼らはなお、私を信じることを選んでくれているのです。生徒たちは、健全な方法で誰かを頼り、信じるようになるのです。彼らが再び社会復帰するときは、万事大丈夫でしょう。

Above all, I enjoyed my today absolutely.

I hope that you do have a great day too.
以上から、私は今日という日を心から楽しみました。
これを読んでくださっているあなたにとっても、とても良い日であることを、願っています。

茶々より

ページトップ