スタッフブログSTAFF BLOG

2020年11月2日

学級通信「サムライフ」vol,2403

みなさん、こんにちは!
教頭の平形です。

雨降り上田。
こんな天気だと調子が上がらず、滅入ってしまう生徒が多いです。

私は雨の日、好きですね~。

特に休みの日の朝、雨音で目覚める心地よさったらありません。
雨の日には雨の日の良さが。
晴れの日には晴れの日のよさが。
ちなみに、雷の日は最高にエキサイティングです。

さて、今日のチョイスタ。
薪割りチーム。

着々と薪が積みあがっております。

ボードゲームチーム。

新作の『狩歌』登場。
J-popにありがちな台詞がカルタになっており、曲を流して、歌詞と同じカードを取っていくというもの。
今日はYouTubeで流しながらでしたが、歌好きの子に歌ってもらうのも面白いかもしれません。

ミニ四駆とプラモチーム。
ほぼ無言。

ものすごい集中力。

生徒会の時間は、11/6の秋の小旅行の打ち合わせ。
昼食を食べるグループが決められ、何を食べに行くかの話し合い。


「なるべくお金も時間もかからないところ」➡ 立ち食い蕎麦

「いつも食べないちょっぴりお洒落なランチ」➡ イタリアン

「貝類じゃなく、土を見ないで食べられるところ」➡ 選べる定食屋

みんな、いろんな理由で選んでいます。

 

午後は「哲学カフェ」。

講師は上田女子短期大学 専任講師 高田正哉さん。

無理せず、疲れたら休んでもOk。
「他の人の話を最後まで聞く」ことと「他の人の話を否定しないこと」。

ルールはこれだけです。

ボールを持った人が話す権利を持っています。
最初はみんな戸惑っていましたが、徐々に発言が増えていきます。

「学校とは何か?」
「規則とは何か?」

「社会に出た時に必要な力とはなんですか?」

当たり前だと思っていたことを、深く考えてみる。
その思ったことを、自分の言葉で伝えてみる。
「哲学」が日常に置き換えられた授業で、とても身近に感じました。

もの思う秋。
深く考えられる時間があるのは、最高の贅沢。

難しかったり、意味がわからなかったり、そんな授業もたまにはあります。
それを食わず嫌いせず、チャレンジしてみると、経験値は必ず上がります。
そのチャレンジがうまくいかなかったとしても、それも経験値です。

明日は文化の日。
明後日はスタッフ研修日で学園の活動はお休みです。

ページトップ