スタッフブログSTAFF BLOG

2020年11月17日

学級通信「サムライフ」vol,2412

Miracles take place in our daily life especially here in Samugaku.  ここサムガクでは毎日ミラクルが起きています。

As you know, our school is the place for individuals who find difficulties in themselves to talk with and to be with others.   ご存じのとおり、私たちの学園は、人と話したり人と一緒にいたりすることに難しさを感じている人たちのための場所です。

Needless to say,

  1. We are so unique and so diverse.
  2. Our preferences (liking and disliking) are so varied.
  3. We are so reserved and so shy in a stubborn way.
  4. We are hyper sensitive.
  5. We take things personally.

言うまでもなく、

  • 私たちはとても非凡であり、とても多様です。
  • 私たちの好み(好き嫌い)はさまざまです。
  • 私たちは頑固なほど控えめだし、恥ずかしがりです。
  • 私たちは度を超すほど繊細です。
  • 私たちは一人ひとりがそれぞれ物事を個人的に感じ取ります。

A team work would be so impossible for most of our students because it requires talking, sharing information, planning, making changes collectively.  Planning for Xmas Party with the student body council (seitokai) is beyond our capacity.  Budget, Program, Decoration, Food, Drinks, Cakes, Sharing tasks… requires students to work in a team and to spend time together.

班活動では、話し合ったり、情報交換したり、計画したり、それらをまとめて変更したり、などが求められるので生徒たちにはとても難しいことでしょう。 生徒会でクリスマス会を計画することは手に余ることです。予算、プログラム、飾り付け、食べ物、飲み物、ケーキ、役割分担、などは生徒たちにチームで活動し、一緒に過ごすことが求められます。

It is incredible to acknowledge that students are motivated to express their idea and given the opportunity to be in a group in all the school program.  Most of my time here in School is spent with the students and by listening to the students and their voices.

生徒たちが学校のすべてのプログラムにおいて集団の中で自分のアイディアを表現する気になり、そういう機会を与えられているという事実がわかって信じられないほどです。学校での私の時間はたいてい生徒の話を聴き、その声に耳を傾けることに費やしています。

Students talk with the volume that everyone can hear.  It is a miracle.  Students talk his/her opinion till the end.  It is a miracle. Students look around and do things before they are being asked.  It is a miracle.

生徒たちはみんなが聞こえるように十分な音量で話します。生徒たちは自分の意見を最後まで話します。これはミラクルです。生徒たちは周りを見回し、頼まれる前に仕事をします。ミラクルですね。

Samugaku is the place that students can feel accepted.  Students can be themselves.  Student Body Council is the community or a big family for every students.  They can be selfish.  They can be irritated.  They can learn.  They can teach.  Students learn to trust and be trusted in Samugaku.

サムガクは、生徒が自分は受け入れられているんだと感じられる場所です。生徒会は一人一人の生徒にとって、コミュニティや大きな家族のようなものです。そこではわがままになれますし、いら立つこともできます。学ぶことができます。教えることもできます。生徒たちはサムガクで信頼すること、そして信頼されることを学んでいます。

I do love the students and their struggles.  No one is left alone here in Samugaku.  Today I feel like I respect the work that school’s staff are doing both office and teaching department.  We always have time for students.  We always have ears and hearts to listen and understand students.  We struggle together.  We cry together.  We laugh together.  We rise together.  We are so resilient.  We love students.

私は生徒たちと彼らの葛藤を心から愛しています。誰もここサムガクでは一人ぼっちにされることはありません。 今日私は学園スタッフがオフィスと教室の両方でやっている仕事に尊敬の念を感じました。私たちは常に生徒の話を聴く耳と理解する心を持っています。私たちは共に葛藤し、共に涙し、共に笑い、共に立ち上がります。私たちはとても強いです。私たちは生徒を愛しています。

Above all, LOVE is at work.  Trust and understanding are built in and between us.  There, real conversation and actual progress beget.   I am so overwhelmed today by the students and the cares they show.  LIFE here is gorgeous today as well.

とりわけ、LOVEは働いています。信頼と理解は私たちの間に築かれています。そこには本当の会話と実際の進歩がもたらされています。私は今日、生徒たちと彼らの示した気遣いに圧倒されました。ここでのLIFE、生活はいつものように今日もまたすばらしいものでした。

感謝でいっぱいです。

茶々より

ページトップ