スタッフブログSTAFF BLOG

2020年12月22日

学級通信「サムライフ」vol,2434

親愛なる読者の皆様へ

まずはじめに、侍学園をいつも応援してくださって本当に感謝しています。今日のチョイスタでは生徒は好きな言葉、例えば愛や無知、寒い、自分の名字などと言った言葉を選んで、習字を書きました。

In today’s Choice study, students chose their favorite words, such as love, ignorance, cold, and their surname, and wrote in calligraphy.

また、先週の振り返りや反省を書き、今週の目標を書く時間が設けられました。ここサムガクでは過去を振り返り、未来を考える時間が生徒たちには与えられます。

Students also had time to write their reflections and reflections on last week and write my goals for this week.  Here in Samugaku, students are given time to look back and think about the future.

午前中、長岡先生が、生徒たちに、具体的で実際にできる方法での知恵を授けてくれました。

In the morning, our director Nagaoka sensei gave the students wisdom in a concrete and practical way.

私たちは皆、全てのものに対して限界を決めています。時にはそれは私たちの能力を制限するものでもあります。しかし実際には、その自分で決めた限界をどうにかして超えることもできます。子供達を見ていると、彼らには限界がありません。けれど私たち大人は限界を決めてしまいます。それは私たちの脳や感情が、数え切れない多くの理由のせいでもう無理だ、と囁いてくるからです。

The lecture goes as follows: We all set limits on everything.  Sometimes it also limits our capabilities.  But in reality, we can manage to exceed our own limits.  Looking at the children, they have no limits.  However, we adults set limits.  That’s because our brains and emotions whisper that it’s no longer possible for countless reasons.

私たちの脳や感情が、私たちの努力に応じて大きな仕事を実行していることは紛れもない事実です。

私たちは皆、健康的な一個人であるための習慣や癖、日課というものを持っています。そう言った習慣は才能ではありません。もし日常的に物事をこなすよう自らを訓練すれば、それを無意識に行えるようになります。

It is an undeniable fact that our brains and emotions are doing great work in response to our efforts.

We all have habits, customs and daily routines to be a healthy individual.  That habit is not a talent.  If we train ourselves to do things on a daily basis, we will be able to do it unconsciously.

私たちの身体も同じで、簡単なストレッチを日課として行えば、身体は驚くほど柔らかくなります。歯磨きをする間にストレッチを行う事もできます。こういったほんの小さな行動を積み重ねることで、結果やポジティブな感情がついてくるのです。つまり、タスクをこなし続けられるという事実は、頭が賢いかどうかではなく、その習慣に私たちが慣れているかどうかによるものなのです。

The same applies for our bodies, and a simple stretch as a daily routine can make our body surprisingly soft.  We can also stretch while brushing our teeth.  By accumulating these tiny actions, results and positive emotions come along.  In short, the fact that we can keep up with our tasks isn’t about being smart, it’s about being accustomed to that habit.

長岡先生の授業の最後に、来るべき2021年に、私たちが何を習慣としてしていきたいかを書き出す時間が設けられました。私としては、毎日日本語でニュースを読むことを来年は頑張りたいと思っています。しかし、たとえ目標を決めたとしても、それを中々やり遂げることはできません。それはどうしてでしょうか。目標を達成できないのは、大きな変化を作ろうとし、良い結果を得ようと焦ってしまうからです。大きな変化と結果を期待する代わりに、私たちの脳は成長を実感し、習慣を徐々に身につける必要があるのです。

At the end of our director Nagaoka’s class, for/in 2021, we had time to write down what we wanted to do as a new routine/ habit.  For me, I would like to do my best to read the news in Japanese every day next year.  But even if we set a goal, we can’t get it right/ happen.  Why is that?  We can’t reach our goals because we’re trying to make big changes and rushing to get good results.  Instead of expecting big changes and results, our brains need to feel growth and gradually develop habits.

私たちは自身の主観的な経験や記憶に基づいて、自分の能力に対し都合の良い限界を決めてしまいます。それは危険なものでもあります。自分の中に新しい観点と知識を加え、新しい習慣を築こう、と長岡先生は私たちに伝えてくれました。私たちには明るい未来が待っているのです。

We set favorable limits on our abilities based on our subjective experience and memory.  It’s also dangerous.  Our director Nagaoka told us that we should add new perspectives and knowledge to ourselves and build new habits.  A bright future awaits us.

午後、生徒たちはもうすぐやってくるクリスマス会の準備について何をすべきか話し合いました。生徒一人一人が声をあげ、協力する様子はとても美しいものです。生徒たちは明らかに成長しています。自分のことを言葉にできるようになっています。他人と協力することができるようになっています。耳を傾け、理解し、会話をすることが出来るようになっています。

In the afternoon, the students discussed what to do about preparing for the upcoming Christmas party.  It is very beautiful to see each student speaking out and cooperating.  The students are clearly growing.  Students are able to put their thoughts into words.  They can now collaborate with others.  Students will be able to listen, understand and have conversations.

ここサムガクでは全てのことが美しいです。

Everything is beautiful here in Samugaku.

感謝いっぱい、

茶々より

ページトップ