スタッフブログSTAFF BLOG

2021年3月23日

学級通信「サムライフ」vol,2481

Hello from Samugaku! サムガクからこんにちは!

For sure regardless of heavy or indifferent emotions, students have participated school’s activities.  I could see that smiles and cheerfulness take place gradually during the class of Wataru sensei.

重い気分か無関心かにかかわらず、生徒たちは学園活動に参加しています。渉先生の授業中、笑いと快活さが徐々に広がっていくのがわかりました。

The following is a note of Wataru sensei’s lecture. 渉先生の授業は次のようにまとめられます。

Part 1: Emotions

We all have emotions.

Time to time, emotions control us how to see our situations.

Our brains are influenced by what we see.

パート1:感情

私たちはみんな感情を持っています。

次から次へと感情は私たちがどのように状況をとらえるかをコントロールします。

私たちの脳は私たちが見るものに影響されます。

When we see Ramen, Pork katsu, etc., our brains speak to us the emotions of tastes.

When we see Lemon, our brains tell us sourness.

ラーメンやとんかつなどを見ると・・・、私たちの脳は味覚感情にささやきかけます。

レモンを見ると脳は酸っぱさを教えます。

Our brain is cheated easily by what we see.

We can use our brains wisely.

Not brain controls us but let our conducts control our brains.

私たちの脳は見るものに簡単に騙されるのです。

私たちは脳をもっと賢く使えます。

脳に私たちをコントロールさせるのではなく、自分の管理下で脳をコントロールしましょう。

Part 2: ABC-Model

Wataru sensei talked about Cognitive ABC Model (Ellis, 1962; Seligman) and ABC-model was being introduced to students today.  Wataru sensei will be teaching on this model for three consecutive days.

パート2:ABCモデル

渉先生は認知ABCモデル(エリス;1962年)について話し、今日ABCモデルが生徒たちに紹介されました。渉先生は引き続き3日間このモデルについて教えます。

The ABC- model is Activating events, Beliefs, and Consequences.

ABC モデルとは出来事、信念(受け取り方や感じ方)、そしてその結果としての感情や行動です。

The basic idea behind the ABC model is that “external events (A) do not cause emotions (C), but belief (B) and, in particular, habits or irrational beliefs (IB) do”.

ABCモデルの基本にあるものは、“外的出来事(A)は感情(C)の原因とはならず、信念(B)と特に習慣や不合理な信念(1B)がその原因となる”というものです。

Another way to think about it is that “our emotions and behaviors (C: Consequences) are not directly determined by life events (A: Activating Events), but rather by the way these events are cognitively possessed and evaluated (B: Beliefs)”.

もう一つの考え方として、“私たちの感情と行動(C結果)は人生の出来事(A:起こった出来事)によって直接的に決まるのではなく、むしろこれらの出来事が認知的に備えられ評価される方法(B:信念)によって決まるのです。

Through A: Activating Event, we can think as follows:

What has happened?

What did I do?

What did others do?

What emotions was I feeling?

A:起こった出来事を通して、次のように考えることができます:

何が起こったのか?

自分は何をしたか?

他の人たちは何をしたか?

どの感情を感じたか?

Through C: Consequence, we can see our current stage of emotions:

Am I feeling anger, depression, anxiety, frustration, self-pity, etc.?

C:結果を通して、私たちは今感じている感情がどの段階かわかります:

自分は怒り、憂うつ、不安、欲求不満、自己憐憫などを感じているのか?

Through B: Belief, we can check and consider as follows:

What do I believe about the Activating event?

Which of my beliefs are my helpful?

Which are my dysfunctional?

B:信念を通して、私たちは次のように確認し考えることができます:

起こった出来事について自分は何を信じるのか?

自分の信念のうちどれが助けになるか?

どれが自分には機能不全なのか?

Part 3:  Additional Model: ABCDE-model

D is for Dispute

Through D step, we can learn to collect the evidence that our beliefs are true or not.  Besides, we can further learn that In what ways are our beliefs helpful or unhelpful.  Our brains can absorb more than we expect.

パート3:追加モデル:ABCDE モデル

Dは論争です。

Dステップを通して、私たちは自分の信念が本当かそうでないかの証明を集めることを学べます。そのうえ私たちはどの方法だとその信念が役に立つかそうでないかをさらに学べます。私たちの脳は思っているよりもっと吸収することができます。

E stands for Effectiveness New Belief

Through A, B, C, and D, we gain Effective New Belief.  With E step, we can have a different, a more positve Emotional Consequence in our daily event.

EはEffective New Belief(効果的な新しい信念)を表します。

A,B,C,そしてDを通して、私たちは効果的な新しい信念を獲得します。Eステップで、私たちは毎日の生活の出来事の中に、別のよりポジティブな感情の結果を持てます。

Part 4:  Proposal Plays (遊びの提案): Shogi

The last 10 minutes of the class, Wataru sensei let students play SHOGI in a group of two.  Students are so focused and conversations are exchanged.  By doing so, emotions are altered into a more positive direction.  By doing something interesting, our brains can find positive excitement and positive motivation EASILY and effortlessly.

パート4:遊びの提案:将棋

授業の最後の10分、渉先生は生徒を2つのグループに分けて将棋をさせました。生徒たちはとても集中して会話も弾んでいました。そうやることで、感情はよりポジティブなモチベーションへと変化します。何か面白いことをすることで、私たちの脳はポジティブな興奮とポジティブなモチベーションを簡単にそして無理なく見つけることができます。

After lunch, a visiting instructor came to our school and taught the students how to use swords as students are going to perform a musical play.

ランチ後、学園に外部講師の小林先生が来て、刀の使い方を教えてくれました。生徒たちはミュージカル劇をやるので。

The instructor and his being are incredible.  He and his words move people into actions.  Students are more or less introvert and it is so hard to put passions in their actions.  Yet, the instructor and his being natural open up the minds of the students and students participated the play with passion and enthusiasm.

小林先生の存在は素晴らしいものです。彼と彼の言葉がみんなを動かします。生徒たちは多かれ少なかれ内向的なので動きに情熱を注ぐのはとても大変です。しかし、小林先生は生徒たちの心を自然に開いてくださって、生徒たちは情熱と熱意をもって参加しました。

The wisdom how to connect the students is tangible in him.

The love which cares the students and their beings is overflowing through his teaching.

生徒たちとつながる知恵が彼の中に見えました。

彼の教えには生徒たちを気遣う愛があふれていました。

The proper manner, the right emotion and the beautiful posture are being taught in detail and in understandable ways.

きちんとしたマナー、正しい感情、そして美しい姿勢が細部にわたってそして理解できる形で教えられていました。

Some students are good at learning and are enthusiastic in new things.  But for some students, everything seems unmotivated and difficult.  However, the instructor gave a full energy and knowledge to all students.  The outcome is a complete harmony in hearts.

ある生徒は学ぶのが得意で新しいことに熱意をもっています。しかし、ある生徒にとってはすべてのことにやる気が出なくて難しく思えます、しかしながら、小林先生はすべての生徒に全エネルギーと全知識を注いでくれました。その結果は心の中に完全な調和となりました。

Life is learning.  Life is full of excitement.   Life is challenging.

人生は学びです。 人生は興奮に満ちています。人生は挑戦です。

感謝いっぱいです。

茶々より

ページトップ