スタッフブログSTAFF BLOG

2021年6月10日

学級通信「サムライフ」vol,2521

みなさん、こんにちは!総務久保です。
朝からピーカンの爽やかな一日、今日も暑い日となりました。
いつの間にか、朝の犬の散歩も汗ばむ季節となりました。

 

今日もチョイスタからのスタ-トです。

 

「徹底的に調べもの」チーム。
ある生徒は、どこの携帯会社がお得なのか徹底的に調べます。

 

こちらは、にんにくの収穫。
去年の秋に植えにんにくがようやく収穫の時期を迎えました。
今年は近辺の農家さんはどこも不作というか実が小さいそうです。
農業は天候に左右されるから難しいですね。

きょうは朝からほんとうに暑い日でした。
にんにくを抜くのは結構力が必要で、汗だくになって頑張っていました。

でもなかなか立派なにんにくが収穫できました!

朝活の時間はずっとこの学園を応援してくださっている支援者の方に感謝の手紙を書きました。
この学園の生徒たちがしあわせに生き続けていくことが何よりの恩返しだと思っています。
しあわせに生き続けるために、生徒たちも日々頑張っています。
ほんとうにいつもご支援ありがとうございます。

 

 

午前の授業は、5月より上田校に入社した泉佳織さんによるシゴト-ク。
栗原校長と質問形式でこれまでの経験を話してくれました。

商業高校から製菓専門学校卒業後、製菓衛生師の国家資格をとり、春日部の有名なケーキ屋さんに入社。
なかなか希望する厨房には入れてもらえず、カフェ部門の長い下積み修行を経て、ようやく厨房の焼き菓子部門を経験するも、朝5時から夜中の12時までの過酷な勤務。
怪我をしても休むことは許されず、お局様の厳しい態度にも耐え、5年間務めたものの希望の生菓子部門に配属される前に退社となったのだそうです。

人との出会いが財産といい、今となっては厳しくされたお局様の立場も理解でき、人にやさしくできるようになったそうです。
その時の仲間とは今でも連絡を取り合い、親交が続いているそうです。

苦労はしても損はしない。
抜くポイントは、自分で見つけて。
など、生徒に大切なことを伝えてくれました。

癒しを求めて訪れた沖縄で侍学園沖縄校に勤務。
埼玉の実家に戻ったところで、また侍学園本校に勤務することになりました。

過酷な職場を根性で勤めぬいた彼女は、侍学園でも活躍してくれることでしょう。

 

 

今日のお昼ご飯です。
今日はおさかなのカジキマグロのソテー。
いつも美味しいお昼ご飯をありがとうございます。

 

午後の体育は、久々のビーチバレーボール。

体育館は想像以上に暑かったのですが、みんな元気に頑張りました!

 

卒業式まで、後1ヶ月余り。
これから卒業生授業も予定されています。
この学園にたどり着いた生徒が、どんな思いで卒業を迎えたのか。
卒業生の想いをしっかり受け止めて、残りの日々を悔いの無いよう過ごしてほしいです。

今日も一日お疲れさまでした!

ページトップ