スタッフブログSTAFF BLOG

2022年6月6日

学級通信「サムライフ」vol,2696

こんにちは

 

長野県上田市侍学園からの便りです。

 

ゴールデンウィークも終わり、なんだかやっと暖かくなってきたな~とおもったら、まさかの梅雨入り!

 

上田は昨夜から雨が降り続いています。

 

 

今日はシネマクラブの日。

 

 

 

今日の映画は沖縄がテーマの2作品。

 

 

 

 

私は残念ながら見ることはできませんでしたが、ワークショップに参加することはできました。

 

 

今日のワークショップは沖縄ということで「シーサー」を紙粘土で作ってみよう!ということだったので、参加してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなシーサーがいますが、明らかにシーサーでないものも、、、でも、それはそれでクリエイティブでいいですね!!

 

ちびっこもシネマクラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の後は、サントミューゼに行き、学園の美術の授業でもお世話になっている清水悦男先生の絵画塾 塾生作品展に行ってきました。写実主義で、言葉のごとく写真のような絵ばかりでした。そしてこの作品展には侍学園の生徒1名とスタッフ1名の作品が展示されています。

 

 

こちらはスタッフの絵です。犬への愛が感じられる作品です。

 

 

 

 

牧歌的な風景ですね。ヨーロッパのどこかでしょうか。約2年で2枚描いたそうです。

 

 

 

 

そしてこちらが生徒の作品です。

 

 

 

 

分かる人には分かるお店の店内ですね。

 

 

 

 

こちらもわかる人には分かるお店の外観!

 

 

 

 

上田駅近くの風景ですね。

 

 

 

 

どこかの工房ですかね。職人さんが何かを作っています。それにしても道具、一つ一つが丁寧にリアルに描いてありすごいとしか言えません。左奥にあるカレンダーも丁寧に描かれています。

 

 

 

 

細部まで丁寧に描いてありますね。ここまで描くにはどれだけの時間がかかるのでしょうか。技術面、精神面、どちらもすごいですね。

 

 

そしてもう一つ興味深かったのが、描いている題材が生徒独特のものでした。多くの人は自然の風景や、人物などが多かったのですが、日本の街中を描いているのが彼だけでした。その視点も興味深かったです。

 

 

久しぶりに絵を見て良いエネルギーをもらいました。描くのも見るのもいいですね!!

 

 

最後に集合写真。

 

 

 

 

午後は学園で6,7月のチョイスタ決め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は高級食材の玉ねぎも間もなく収穫です!

 

 

 

 

ジャガイモ

 

 

 

 

青空も好きですが、こんな空も好きです。

 

 

 

 

今日は映劇に行ったり、サントミューゼに行ったりアートな1日でした。先日は息子とシンウルトラマンを見に行きましたが、映画の可能性をとても感じることができました。アートは人の心に訴えることができると確信しています。絵や彫刻も、もちろんそうですが、単純に人間一人一人の人生がアートだと思います。お互いに影響しあえるような人生の仲間に出会えているとしたら、それはとても素敵なことだと思います。深く濃い人生にしていきたいと思う今日この頃です。

 

ではでは、みなさん、良い夜を。

ページトップ