スタッフブログSTAFF BLOG

2022年12月23日

学級通信「サムライフ」vol,2519

みなさん、こんにちは。
教頭の平形です。

今日の上田市は最高気温が0℃!!
良い天気ですが、風が強くて、めちゃくちゃ寒いです・・・。

金曜恒例のジョブタイム。
千曲市の農園にて鹿除けの策をぐる~~~~~~っと取り付ける作業を行いました。

秋から始まったこのプロジェクト。

蔦だらけのネットを外し、新たに杭を打ち込み、太めのワイヤーネットを取り付け、最後に車が出入りできるようにゲートを作って、ついに本日完成です!!

 

白いふわふわ、ケサランパサランのようなものがふわふわ舞っているのですが、突風が吹くと、それがものすごいスピードで巻き上がり、自分たちのところに向かってくるのが分かります。
「きたきたきた!やばい!」

おやつも吹っ飛んでおります。

寒すぎて、寒いと言いたくなくて

「暑い、暑い!!」と叫ぶ若者たち。

寒いけど、このロケーション。
この空気感。

そして達成感。

侍学園では「ライスワーク」

「ライクワーク」

「ライフワーク」の話をします。

ライスワーク。

いわゆるご飯を食べる為の仕事。
好きではないかもしれないけれど、「生活するために働く」ということができれば、

「ライクワーク」や「ライフワーク」にチャレンジして、たとえ上手くいかなかったとしても、働くことが可能になります。
そして何度でもやり直せます。

「働く」が当たり前になること。
これがどんなに大切な事か、気づかない人も多いのかもしれません。

最近、思うのです。
「働く」も「生活する」もとても大切で、とても幸せなことだということ。
突き詰めれば、「生きている」ということが、どれだけ幸せであり、奇跡のようなことなのかということ。

私は以前、家庭を持っていましたが、ここ10数年一人で暮らしています。
実家の両親は高齢になり、いろいろ大変なことも増えているようです。
そのことが寂しくもあり、恐くもありましたが、これは誰にでも訪れる自然な事。
自分の持てる愛情や優しさを存分に駆使して、これから家族も自分も、友人も、大切にしていければと思っています。
以前は「していかねば」だったのが「していければ」「していきたい」と思えていることも、なんだか嬉しいのです。

さあ、今年のブログはあと1回。
良い2022年の締めくくりとなることを祈って、皆様、良い週末をお過ごしください。

ページトップ