スタッフブログSTAFF BLOG

2018年10月30日

学級通信「サムライフ」vol,2067

Time is all we have.  At the same time, time is running, not stopping.  Every morning, there is a session which give a time for staff to share our opinions and plan for students.  Students and their parents are working hard to make changes in their lives.  One of the foremost tasks for staff is to carefully plan for a day-to-day management for the students.  Each day is very important for students to experience a worth living of TODAY.

時間には限りがあって、しかも止まることなく過ぎ去っていきます。なので、学園では毎朝スタッフ間で意見交換する時間を設けています。生徒も保護者の方々の、変わろうとする日々の努力に報いるためにも、生徒への接し方、その方針を毎日注意深く調整しながら決めることはスタッフにとって最も重要な課題の一つです。

Here, allow me to talk about Okinawa.  There is our branch school in Okinawa.  Our school in Okinawa is for young adult Hikikomori and dropouts and children who need rearing most.

ここからは沖縄の話をしようと思います。沖縄にはサムガクの分校があります。その沖縄校は、ひきこもりの青少年や、不登校の子供、養育を必要とする子供達のための学校です。

The principal Mr. Hikime is a visionary leader.  He is leading his teams and reaching all the children in Okinawa with LOVE and all the practical and learnt skills.  He is making changes in the lives of children and their parents tangibly.  Thank you so much for helping hands and support to Okinawa school and its in time of needs.

そこの蟇目校長は先見の明があるリーダーだと思います。沖縄校のスタッフをまとめあげ、すべての子供たちに愛を持って接し、同時に実用的なスキルも教えています。そうして子供達や保護者の方の生活に目に見える変化を生み出しています。沖縄校への支援ありがとうございます。

Students of each homeroom class and a homeroom teacher get to meet once a week and write the plans or targets for a week.  It is quite challenging for certain students who are indifferent to oneself, people and things.

週に一度、学級ごとに分かれて、生徒とスタッフは一週間の目標や計画を書きます。この作業は、自分自身についてよく考えてこなかった生徒にとってはかなり難しいものでもあります。

Eliciting interests and attention from the students is the constant task for all the staff.  Students are learning to think and value every TODAY through the school and staff day by day.  Besides, students learn to set the goals weekly.

したがって生徒から興味や注意を引き出すことは常に全スタッフの課題のひとつです。生徒は毎日学園生活やスタッフとの関わり合いの中で「今日」について考え、その大切さを知るということを学び、そのうえ一週間ごとの目標を立てることも学んでいます。

There are five kinds of tasks for the students: classroom’s preparation, meal’s preparing, taking care of living organism (?), cleaning/managing, and farming.  Five tasks are being run by five groups.  A group work is for a six-month term.  Working with a team for one specific task makes each student learn responsibility and a routine.

学園には五つの係があります。それは、授業の準備、食事の準備、生き物たちの世話、掃除及び設備維持、農業、の五つです。この係を6ヶ月間同じグループで行い、特定の仕事をチームとして長期間やっていく中で、生徒たちは責任感や手順を学んでいきます。

Students have to find and provide works within the group themselves.

生徒たちは係の中で自分たちで仕事を探して振り分けていくのです。

In the afternoon, a professional photographer came and volunteered the class.  Our school has been helped by many people from all walks of life.  午後は、プロのカメラマンがやってきて授業をしてくださいました。侍学園ではいろんな人生を歩んできた方々が助けてくださってきました。

As a result, our students has been accustomed to privilege to meet up many learnt and trained people of life.

したがって生徒たちも、たくさんの人生の先輩方と出会う特権にも慣れてきました。

From the perspective of professional, students are being informed how to have the ability to think and to make the thinking into the tangible ones/objects.  Students are given truly informative details of capturing images and putting all the captured images into a movie.  Editing skills and information is additional.

プロの視点から、生徒たちは目に見える人や物について考える力を身につける方法を教わっています。イメージを捉ることや、それらのイメージを映画の中に落とし込むことについて細かい知識までたっぷり教えてもらいました。そして編集に関する能力や情報についても教えてもらいました。

Above all students are being so loved and taught to become independent adults through the school and its staff.  Both students and staff are learning and growing daily.

生徒は皆愛されているうえに、大人たちから自立していくことも教えられています。生徒もスタッフも毎日一緒に学び成長しています。

感謝です。

茶々より

ページトップ