理事長コラムPRESIDENT COLUMN

  • 2019年9月27日

    第十二弾 巨星逝く。残された我々に出来ること。

        校舎の根にぽっかりと穴が開き 焼き出された様々な物の山の中にあった 「青空事務所」のテーブルで     「とにかくだ。大したことじゃねえ。だからまた始めりゃいい。」 &nb…

  • 2019年8月31日

    第十一弾 未来はもっと先にある。未来から今を見れば生きていける。

      週末。 某は基本的に病院という白い箱の中に缶詰になる。 朝から日が暮れるまで 大体一日20組40人ぐらいの子どもと親と面談する。   困っているから病院に来る訳だが 「疾患」ではない。 生き苦しん…

  • 2019年5月29日

    第十弾 その一歩を踏み出す時 心(脳)は踊る

    ストレス。 簡単に言うと「摩擦による不快」とでも言いましょうか。   現代社会はストレス社会なんてよく表現されますが 昔だってそうそう現代と変わらないはずなんですよね。 人間が作り出した社会なんて言う仕組みは …

  • 2019年2月8日

    第九弾 人生の節目を考える~毎日がスタートラインなワケ~

    教員というよりは 「学校」という場所を「仕事場」に選んだ理由は一つ。   「節目」が存在するからです。   我々人間は 本来節目などない人生をスタートさせます。   まあ 地球の自転と公転に…

  • 2018年11月9日

    第八弾 困難に立ち向かうのは特別なことではない。生きていれば常にそれが困難であるからだ。

    何の根拠もない「自信」でスタートした学園も 今年で15年目に突入した。 創業当時のドタバタを考えると よくもまあここまでやってこれたなと 自分事ながら感心することもある。   しかし「ドタバタ」は影を潜めるどこ…

  • 2018年5月11日

    第七弾 14年前のあの日の自分と対話してみた

    14年前のあの日の自分と対話してみた。   Q 明日。あなたのつくった学校が船出するわけですが どんな心境なんでしょう。 何が不安で何に困難を抱えていますかね。   A 不安?ないよ。元々何もなかった…

  • 2018年1月24日

    第六弾 想いを形にすること

    【想いを形にすること】   想いを言葉に変えなければ 言葉を口に出さなければ 口に出したことを始めなければ 始めたことを続けなければ   想いは決して形にはならない。   新年を迎える時。人…

  • 2017年7月6日

    第五弾 人は集団の中でないと成長できない

    人は集団の中でないと成長できない   「個性尊重」がこの国で叫ばれてからそれなりの時間が経過した。   「あなたはあなたのありのままでいい」 爆発的大ヒットとなったあの曲でも 何度も何度もそのフレーズ…

  • 2017年4月21日

    第四弾 投げる事そのことに価値があり、投げた回数とその距離だけに価値がある

    桜前線の北上と共に あちらこちらで「新生活」開始の鐘が鳴っている。 昨年までの反省を踏まえ 新たな気持ちで心躍る人もいれば 「また始まったか…。」とどんより心を垂れる人もいる。   人々の心の中に生まれる「不満…

  • 2017年1月26日

    第三弾 「糸の結び方」

    「赤い糸でつながっている」 永遠の愛と生涯の伴侶となることを誓いあう人同士は この「赤い糸」でそもそも繋がっていたんだと ロマンチックに語られることは多い。 しかしながら 今や日本における離婚率は35.4% (厚生労働省…

  • 2016年11月25日

    第二弾 話す力よりも「聴く」力

    音を組み合わせ それに意味を持たせて そのやり取りでコミュニケーションをとるのは この地球上では我々「人間」だけである。   ただのコミュニケーションのみならず 「会話」ともなると 更に複雑さは増し 何億通りの…

  • 2016年10月20日

    第一弾 子育て 「親子の愛情の糸を切るのは親である」

    沖縄に月一来るようになって三年半になる。   その理由については 後述するとして この島で起きている「事実」は やがてこの国を覆う「闇」になる危険性があることは 確かだと思う。   雪が降らないこの島…

ページトップ